2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マドリード(スペイン)観光地
  5. サルスエラ劇場の現地口コミ・地図

マドリード (スペイン) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Teatro de la Zarzuela サルスエラ劇場

昔の風習を描いたスペイン独自のオペラに親しむ!

  • エンターテイメントおすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

日本人にあまり知られてないスペインのオペラ・サルスエラ。
劇場は国会議事堂の裏手にあります。
サルスエラと呼ばれる起源は、
フェリペ4世の別荘がサルスエラ宮殿
(Zarza/サルサというベリー系の木々で覆われた田園地帯にあったのでそう呼ばれた)
で初めて上演されたことからZarzuela/サルスエラと呼ばれるようになったそうです。
一代前の国王ホワン・カルロスと
現在のフェリペ6世もこのサルスエラ宮殿に住んでいます。

オペラとどう違うのかというと音楽より台詞が多く、劇がオペラより短く、
昔の風習を描いたものが多い、
いわばオペラとミュージカルと舞台の合いの子みたいなものなのです。

もちろん各題材によって異なりますが私が観にいったものは、
舞台アートはピンクや赤を貴重にカラフルで想像力に溢れ、
「オペラ」と思っていくと全く雰囲気が違っていました。
スペイン各地のフォークソングが加わったりとてもスペインらしい作品で
ショーと滞在時間があえばお勧めです。
但し、台詞が多いのでスペイン語の理解は難しいかもしれませんが、
ここは言葉を忘れて舞台を楽しむのはいかがでしょうか。

マドリッドで人気の題目は、「La verbena de la Paloma」、「La Revoltosa」、
「La del manojo de rosas」、「Agua azucarillo aguardiente」などがあり
リピート公演することがあります。サルスエラで人気だった題目は1年に1回ほど
「Antologia de la Zarzuela」と呼ばれてマドリード内の劇場や
サバティーニ広場などで再演されることがあるそうです。
もし滞在期間中と重なればご鑑賞することをお勧めします。

シーズンは10月から6月末までです。
料金は王立劇場よりお求め易い価格で10-50ユーロです。

  • ジャンル
    劇場・ショー 
  • エリア
    マドリード
  • 住所
  • アクセス
    地下鉄2号線 セビリヤ駅より徒歩5分
  • 電話番号
    +34-91-5245400
  • 営業時間
    チケット窓口 - [月-金]12:00-18:00、[土・日・祝日]14:30-18:00
  • 定休日
    7月-9月
  • 予算
    大人 5~200ユーロ
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。