1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. メルボルン(オーストラリア)観光地
  5. セントパトリックス大聖堂の現地クチコミ
メルボルン (オーストラリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

St. Patrick's Cathedral セントパトリックス大聖堂

オーストラリア最大のゴシック建築

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気

メルボルンには沢山の教会がありますが、セントパトリックス大聖堂はオーストラリアで一番高く、大きな教会です。

フッツロイガーデン近くにあり、アクセスにもとても便利なところにあります。

1858年に着工し1940年に完成と、80年以上の時間をかけて建設されました。

塔の上にそびえたつ3つの尖塔がありますが、1936年に元の計画よりも27m高くすることに変更されたため、完成までさらに時間がかかったそうです。

この高い尖塔が遠くからでも目立つ外観ですが、近づくと教会全体の大きさに圧倒されます。

ブルーストーンと言われる石でできた外観は、ウエディングの写真撮影がよくおこなわれているのがうなずけるほど素敵です。

中に入るととても高い天井と空間の広さに驚きます。
ゴールドのやさしい光に包まれていて、教会全体がとても綺麗です。
厳かな雰囲気の中、信者の方々が静かに祈りをささげているのを見ると、とても神聖な気分になります。

とてもたくさんある素晴らしいステンドグラスは、イギリスのバーミンガムから来たもの。大きなパイプオルガンも必見です。

定期的にミサは行われますが、クリスマスイブには深夜まで讃美歌が歌われ、このパイプオルガンの素晴らしい音色が響くなか、大勢の人々が訪れます。

オーストラリア最大のゴシック建築の荘厳さと神聖な世界を体験!

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 穴場

1848年に建設が計画され、その後10年の準備期間を経た1858年から、80年以上もの歳月をかけて建設。1939年にようやく完成した壮大なカトリック教会です。オーストラリア最大のゴシック建築でもあり、ピューリタン思想に影響を受けた荘厳な造りは一見の価値あり!

ゴシック建築を代表するガーゴイル(怪物などをかたどった彫刻)が、雨樋として取り付けられ、高さ約103メートルの高い尖塔は、遠くからでも眺められるほど。オーストラリアの歴史と建築史にとって、最も重要な教会のひとつといえるでしょう。有名な割には観光客もそれほど多くなく、ゆっくり過ごせるのがうれしいところ。

聖堂内に一歩足を踏み入れると、水が流れるような静かな音が響き渡り、神聖な世界を演出。美しいステンド・グラスも見逃せません。夜にはライトアップされ、その優美で荘厳な姿をより一層際立たせています。

かわいいカード類やオリジナル・グッズ、書籍などを取り揃えたショップもありますので、お土産探しに立ち寄ってみるのもおすすめ。ミサは毎日行われていますが、曜日によって回数や時間が違いますので、現地で確認してください。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。