1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオグルメ
  5. 南屏雅敘の現地クチコミ
マカオ グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Nam Ping 南屏雅敘 ナンピン

HEMEI (エディター、ライター)

ローカルの雰囲気をたっぷり感じられる老舗のカフェ

  • パンがおいしい
  • 地元っ子に人気

オールドマカオを感じさせる問屋街、十月初五日街。
ここにある1966年創業の「南屏雅敘」は、地元の人たちに愛される、老舗の茶餐廳(チャーチャンティン)です。
茶餐廳というのは、カフェメニューも中華も洋食もインスタントラーメンも揃う、香港・マカオによくあるカフェのこと。
サラリーマンから学生、家族連れ、新聞を広げるおじさんまで、いつも老若男女で賑わっています。

レトロな店構えですが、有名なお店ということもあり、旅行者の姿もちらほら。
テーブルにメニュー表があり英語も記載されているので、広東語が分からなくても指差しでオーダーできます。

ここの名物は、焼きたてのパン。
なかでも、もちっとした生地に砂糖をまぶした揚げパンの「沙翁(6パタカ)」は、多くの人がオーダーする人気メニューです。

卵をこれでもかというほど挟んだサンドイッチ、「鶏蛋文治(16パタカ)」もおすすめ。
ふんわりとしたパンと優しく甘いパンが口の中で混ざり合い、幸せな気持ちにさせてくれるのです。

ほかにも、パイナップルの形をしたパン「菠蘿包(4パタカ)」や、マカオ風エッグタルトの「蛋撻(6パタカ)」など、見た目は地味でもおいしいパン類が揃います。

ドリンクは、レモンの輪切りをたっぷりと入れたレモン紅茶、「凍西檬紅茶(17パタカ)」や、ミルクたっぷりのコーヒー「ニュウナイホンチャー(15パタカ)」をぜひ。

パン類は軒先で販売もしているので、ランチにサンドイッチを食べて、おやつに沙翁や菠蘿包をテイクアウトするのもあり。

アクセスはセナド広場から徒歩約10分。
店内はいつも賑やか、そしてカップやソーサーが欠けているのはご愛敬。
昔ながらのお店なのでクレジットカードは使えませんが、普段着のマカオをたっぷりと感じられるお店です。

2019/05訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。