1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マニラ(フィリピン)ホテル
  5. シティ オブ ドリームズ - ノブ ホテル マニラの現地クチコミ
マニラ (フィリピン) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

City of Dreams - Nobu Hotel Manila シティ オブ ドリームズ - ノブ ホテル マニラ

エンターテインメントが充実!観光に便利なNobu Hotel Manila

  • 定番人気

他の写真も見る(全8枚)

2015年にオープンした総合リゾート施設、City of Dreams(シティオブドリームズ)にある高級ホテルの1つです。宿泊だけでなく、City of Dreams内のショッピングモール、レストラン、カジノで思う存分、マニラスティを満喫できます。

マニラ市内の観光地スポットへアクセスしやすく、観光に便利です。SM モール・オブ・アジア(アジア最大のショッピングモール)までは車で約10分。空港にも近く、車で約15分です。

今回私が利用したのは『ノブ・デラックスルーム』。インテリアは落ち着いていて和モダンテイストでした。壁には日本テイストを感じさせる墨絵が描かれています。お部屋の広さは36平米。ダブルベッド、ソファ、テーブル、液晶テレビがありました。

客室は、ビジネスや旅行で利用するには十分な広さですが、大きなスーツケースを広げるといっぱいになります。もっと広いプレミアルームにランクアップしてもよいかなと思いました。

バスルームはいたって普通です。バスタブはなく、シャワーのみ。シャンプーやコンディショナーなど基本的なアメニティは用意されていました。

その他、客室にはセイフティボックス、冷蔵庫、スナック(有料)がありました。もちろん無制限の無料Wifiあり。

ノブ・デラックスルームは1室1泊当たり7500ペソでした(公式ホームページより)。ホテルスタッフによると、12月はほぼ満室状態だそう。ピークシーズンに利用したいなら数か月前から予約したほうがよさそうです。

ホテルの施設は充実していました。アウトドアプールとフィットネスセンターは無料で利用できます。アウトドアプールの隣にはマッサージ・スパ施設も。日本食ビュッフェが食べられるノブ・レストラン、韓国料理、中華料理、アメリカン料理など、6つのレストランがあります。

一番のおすすめポイントはカジノです。カジノ内ではビール、ワイン、コーヒー、ソフトドリンクが無料で提供され、バーのステージでは歌やダンスショーが見られます。24時間営業で一晩中楽しめます。

スタッフの対応は非常によく、笑顔でてきぱきと対応してくれました。対応言語は英語かタガログ語です。日本語が話せるスタッフはいません。

2017/11訪問

家族連れでも楽しめる複合型カジノリゾート

  • 定番人気
  • 有名人ご用達
  • 地元っ子に人気

ノブホテルは、世界的に有名な料理人・松久信幸氏とハリウッド俳優・ロバートデニーロ氏、プロデューサー・メイア・テペルが手がけるアジア初進出のホテル。
著名人からインスピレーションを得た「楽しさと高級感」に溢れる刺激的な体験と品質を提供する事を目標としており、宿泊者はラグジュアリー・ライフスタイルを体験する事が出来ます。Nobu Executive以上にはシャワーとバスタブが付きます。フィリピンでは珍しくNobu Suitesには、シャワートイレもあります。
※2017年11月06日現在の状況です。

和を基調とした客室は全321室となっており、ホテル内にはノブホテルも併設されています。レストランではノブスタイルの寿司をはじめとした地元の食材を生かした
料理を堪能する事が出来ます。アクセスは空港から車で15分ほど。ホテル・カジノ・ショッピングモール・レストランが併設されたシティーオブドリームスという敷地内に位置しており、敷地外に出ることなくエンターテイメントを堪能する事が出来ます。カジノエリアにはゲームテーブル365台、スロットマシン1680台が設置されており、地元の富裕層をはじめ、海外からのお客様でにぎわっています。家族連れには「DREAM WORKS」が手がける子供向けエンターテイメント視察「DREAM PLAY」がおすすめ。問題点としては、客室数の割にエレベーターの数が少なく、混雑時には、エレベーターを待つ時間が出来てしまう事ですが、スタッフは非常にフレンドリーで親切です。

2017/10訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。