1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. モスクワ(ロシア)観光地
  5. ボリショイ劇場の現地クチコミ
モスクワ (ロシア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

アリョンカ (フリーライター)

言わずと知れたモスクワのランドマーク

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

モスクワの中心部にある、美しく格調高い建物は、写真スポットとしても欠かせない場所です。

ボリショイバレエで有名な劇場ですが、オペラやバレエがほぼ毎日上演されており、年々そのチケットを入手するのは困難になっていますが、公式ホームページや劇場窓口で入手できます。チケット料金は演目やシーズン、出演者によって大きく変わりますので、公式ウェブサイトや旅行代理店で確認されるとよいでしょう。
公式ウェブサイトは英語とロシア語の二カ国語対応となっており、館内アナウンスも二カ国語対応です。

2005年から2011年までの改修中に公演が行われた新館もありますが、やはり豪華絢爛な劇場内部や社交場としての雰囲気を味わうなら、断然本館がおすすめです。

平日は夜のみの公演ですが、週末はマチネー(昼間の公演)もあります。暖かい季節は劇場前の広場でアイスクリームを食べながら、地元市民のようにベンチでゆっくりするのもよいかもしれません。

席のおすすめは、やはり平土間の前方が一番ですが、2階ボックス席の最前席も歴史ある劇場の雰囲気を楽しむことができるでしょう。

幕間にはぜひ、豪華な内装のホワイエでスパークリングワインをいただき、観劇気分を盛り上げることをおすすめします。

アクセスは地下鉄アホートヌィ・リャト駅最寄り出口から徒歩約1分。

2019/12訪問
maimai (現地在住ブロガー、日本語教師)

一流の演技は誰をも魅了!感動的美しさの会場で夢のひと時を!

  • エンターテインメントおすすめ
  • 定番人気

ロシアが世界に誇る バレエ・オペラ ボリショイ劇場
モスクワの中心部 メトロ Охотный Ряд駅を降りてすぐ
寒い冬でも大丈夫な観光スポットです。

日本人にとってはそんなに馴染みのない芸術
でも 本場にせっかく足を踏み入れたのなら、興味のない方にも是非オススメします。

かく言う私も、特に興味は無かったのですが 一流の場所で、一流の演技を見て すっかりファンになってしまいました。
やはり一流と言われるものには 人を魅了するものがあります。

バレエは 遠くで 踊っているのに 感情や表情まで分かるような 踊り子さん方の演技力に 見惚れてしまいました。
言葉が分からなくても 楽しめますしやっぱり 本場ならではの雰囲気は一見の価値ありですね。


より楽しむ為に…
・有名な演目のあらすじは ネットでも日本語で読めるので読んだ方が より楽しめると思います
・席のチョイスは 慎重に!オススメは 正面から見れるところ。左右席は 端が途切れてしまいます。
(左右の席しか無かったら、最前列をオススメします。人の後ろだと前の人が動くたびに 現実に引き戻されてしまいます。 見えにくいと前の方は容赦なく立ったりする事もしばしば…)
もちろん オススメの席は 値段も上がりますが 同じ見るならやはり選ぶ席で 全く感動が違います。
・ベストシーズンは6〜9月 ほぼ毎日公演があります。
バレエの 有名なダンサーは 夏には 海外公演に出てしまうそうで、一流の方を見るにはこのシーズンがオススメです。


チケットは 英語 ロシア語になりますが インターネットでも予約出来ます。
モスクワ市内なら ホテルなど指定場所に持って来てくれます。

途中にある大休憩では、館内の各階や部屋を見て回れますのでそちらも是非。
特に最上階正面から真近に見られる大シャンデリアは圧巻です。

是非 感動のひと時を お過ごしください。

住所 Театральная Пл.1 電話 495-250-7317

りり (現地在住ブロガー、ライター)

歴史ある荘厳な劇場で、世界最高峰のバレエを!

  • エンターテインメントおすすめ
  • 定番人気

 ロシアと言えば、バレエを思い浮かべる人も多いと思います。
 そして、モスクワでバレエと言えば、ボリショイ劇場。19世紀初頭に現在の場所に建設され、近年では2005年から改修工事が始まり、紆余曲折の末に2011年秋にリニューアル・オープンしました。

 とはいえ、ボリショイ劇場でバレエを見るのは、チケットも年々取りにくくなっていて、ギリギリで手に入れるのはなかなか大変です。絶対にボリショイ劇場でバレエを見たい!と思っている人は、事前に手配しておくことを強くお勧めします。
 安いからといって桟敷席の後ろの方を選ぶと、ほとんど舞台は見えず、オーケストラを聴くだけになってしまいますので、ご注意下さいね。
 
 昨今はボリショイ劇場のHPでもチケットを購入できますが、心配なら現地の旅行代理店などに頼むと安心です。
 また、ボリショイ劇場の隣には、改修工事中にできた“新館”があるのですが、そちらのチケットなら同じ演目でもリーズナブルな値段で見ることができます。

 バレエは興味ないけど、劇場内が見たい方にはバックステージ・ツアーがオススメ。劇場主催のものは、英語ツアーが月水金に開催されています。チケットは当日、12番の入り口のから入るチケットオフィスで購入できます。ツアーは12時15分からスタートで、定員20名になったら受付は終了です。値段は変更が多いので(ほとんどの場合は数百ルーブルです)、参加したい方は、事前にチケットオフィスに行って確認して下さいね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。