1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. パリ(フランス)観光地
  5. ヴォージュ広場の現地クチコミ
パリ (フランス) 観光の現地クチコミ

Place des Vosges ヴォージュ広場

江草由香 (情報サイト運営兼ライター)

マレ地区でショッピングの後は、パリで最も古い広場で、一休み

  • 散歩おすすめ
  • 地元っ子に人気

マレ地区にあるヴォージュ広場は、パリで最も古い広場の一つです。

1605年、国王アンリ4世の治世下で、建設が始まり、
1612年、ルイ13世とスペイン王フェリペ3世の王女アンヌ・ドートリッシュとの婚約を記念して、
開園式が行われました。

当時の名称はロワイヤル広場(王の広場)で、今でも広場にはルイ13世の騎馬像が立っています。
その後、色々と名称が変わった後に、1800年にヴォージュ広場の名前が付きました。

ほぼ、真四角の形をした広場は緑で覆われ、
芝生の上では、家族連れや若者がピクニックをしていたり、
また、木陰のベンチでは静かに本を読む人の姿が見られます。

広場を囲む形でスレートぶきの屋根を持つ赤レンガの建物が立っていますが、
その一角、6番地には、ヴィクトル・ユーゴー記念館があります。
フランス・ロマン主義の文豪、ヴィクトル・ユーゴーは
1833年から15年間、ここに住んでいたのです。

建物一階の回廊にはカフェやレストラン、アート・ギャラリーなどが入っていて、
地元民や観光客で賑わっています。
カフェ・ユーゴーという文豪の名前をとったカフェも。

おしゃれなブティックの並ぶ、マレ地区は観光スポットとしても人気です。
マレ地区での散策、ショッピングに疲れたら、この広場で一休みするのもいいでしょう。

  • ジャンル
    その他散策・街歩き
  • エリア
    4区 ポンピドーセンター
  • 住所
  • アクセス
    メトロ1号線 Saint-Paul(サン=ポール)駅を出て、Rue Saint Antoine(サン・タントワーヌ通り)を東へ進み、
    Rue de Birague(ビラーグ通り)を左折して直進するとPlace des Vosges(ヴォージュ広場)に出る。徒歩約6分。
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。