1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. プラハ(チェコ共和国)観光地
  5. ミュシャ美術館の現地クチコミ
プラハ (チェコ共和国) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

伊藤 雅雄 (フリージャーナリスト)

ムハの魅力がたっぷり詰まった小さな美術館

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気

アールヌーボーを代表する画家、アルフォンス・ムハ(Alfonse Mucha、1860〜1939)
美しい女性のポスターを描いたこの画家のファンは、日本にも大勢いますね。

チェコのモラビアという地方で生まれた人ですが、パリでの活躍が顕著だったことから、
フランス語読みのミュシャの方が定着しているかもしれません。

この美術館では、ムハの様々なポスター、デッサン、珍しい水彩画などが展示されています。
また、ムハの私物なども展示してあり、生涯についても理解が深まると思います。

カウンターで入場券を買って、前に進むと、すぐそこにムハの華麗な世界が広がっています。
写真撮影は禁止、荷物も入口のロッカー(無料)に預け、身軽になって、作品に向き合いましょう。

本物のムハの絵を目の前で観ると、その繊細な線、たおやかな女の人たちの表情、
なんともいえない色彩にどんどん引き込まれてしまいます。
複製にはない原画の力を感じます。ファンの人たちにはたまらないでしょう。
モデルになって、こんなふうに美しく描いてもらいたい、なんて思ってしまいます。

有名な女優サラ・ベルナールのポスター「ジスモンダ」ももちろん展示されています。
それまで無名の挿絵画家だったムハが、一晩にして時代の寵児となった作品です。
この絵が気に入ったサラは、ムハと5年契約を結びます。

興味深いのはモデルになった人たちの写真が残っていて、それがムハのどんな絵になっているのかがわかることです。
一番奥の部屋では、ムハの作品や生涯を紹介した25分ほどのビデオが繰り返し流されています。
当時のムハのアトリエの雰囲気や様子が伝わってきます。

様々なムハの商品が揃ったショップは、チケットがなくても入れます。
ムハのポスターやポストカードはもちろんですが、プラハらしいおみやげが見つかるかもしれません。

なお、ムハの晩年の大作「スラブ叙事詩」は、当面、ヴェルトゥルジュニー宮殿で展示されています。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。