1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シェムリアップ(カンボジア)観光地
  5. プノン・バケンの現地口コミ・地図

シェムリアップ(カンボジア)

現地のプロ(2人)詳細を見る

Phnom Bakheng プノン・バケン

  • 史跡・遺跡
  • シェムリアップその他
  • 価格帯入場料(1日) 37USドル
  • 定休日無休

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Angkor Archaeological Park, Krong Siem Reap 17000, Cambodia
アクセス
シェムリアップ国際空港から車で約15分
営業時間
7:00-19:00
駐車場
あり
投稿日2014/09/30

アンコールの丘から眺める夕日と、黄金に輝くアンコールワットをみるならここ

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

(カンボジア観光省 総合旅行業取扱管理者)

全体的に平坦な地であるシェムリアップの大地。
それ故、少しでも高い丘があると、そこは聖山として、アンコール時代は崇められていた。

当時よりシェムリアップには3つの山(丘と言ったほうがいい高さであるが)があり、
町の南部のプノンクロム、北東部のプノンボック、そして中心地にあるここ
「プノンバケン」の山頂部にはそれぞれ寺院が建造され、
アンコール三聖山と呼ばれていた。

このプノンバケンはアンコールワットからアンコールトムへと抜ける一本道沿いにあり、
60メートルの高さの山頂からはアンコールワットや西バライが望め、
特に夕日の時間には人気が高い。

山頂部には6段のピラミッド型寺院があり、その上には108の祠堂が建造されている。
(108:これは人間の持つ煩悩の数に合わせたと言われているが、実の所は不明)
もともとロリュオス地域にあった王都から、このアンコールエリアに遷都された9世紀末、
ヤショーバルマン1世によりヤショーダラプラの都の中心としてここに寺院を建造したとされる。

山への入場は時期(夕日の落ちる時間)にもよるが通常は17時頃となっており、
特に山頂にある遺跡への階段は17:30頃となり、その時間を過ぎると入場できなくなるので
注意が必要。

また、山頂部への入場は遺跡保護のため、300人までと言う規制があり、
それを越すと誰かが下りない限りは入場できないので、
できれば早めに到着しておいたほうが良いだろう。

ちなみに、象に乗って上ることも可能。片道20$、約10分で到着する。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
プノン・バケン周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する