1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シンガポールグルメ
  5. ミン ジャン(グッドウッドパーク ホテル店)の現地クチコミ
シンガポール グルメの現地クチコミ

現地のプロ(11人)詳細

Min Jiang (Goodwood Park Hotel) ミン ジャン(グッドウッドパーク ホテル店)

ユカリ (フリーランス)

ノスタルジックなシンガポールの風を感じる飲茶ブッフェ

  • 飲茶がおいしい
  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

シンガポールの歴史的建造物に指定されているというコロニアル建築。
このグッドウッドパークホテルのメインプールのサイドに位置するのが飲茶ブッフェを楽しめるミンジェン。

中華料理店特有の回転台のついた円卓と、テラスに広がる植民風の景色とのハーモニーが、シンガポール独特のなんとも魅力的でノスタルジックなムードを生み出している。
プールサイドのテラス席も魅力的だが、ここでは室内の窓際席をおすすめしたい。

まずは是非オーダーしてほしいのがジャスミンティーだ。ワイングラスでサーブされるため、テラスからの光に照らされたグラスの中で花開くジャスミンリーフがなんとも美しく、金色に輝く。
余談だが私はこれを真似したくて、各社のワイングラスの耐熱温度を調べた位である。

こちらを訪れたのはちょうど年の瀬で、他のレストランの例に漏れずスペシャルブッフェの企画をやっていたので、ちょっとしたお祝をかねてここを予約した。
昼過ぎの空いている時間帯だったが、隣の円卓では車椅子のお年寄りを含む、7、8人の中華系の大家族が優雅に食事を楽しんでおり、それぞれのワイングラスには光輝くジャスミンティー。なんとなく心が癒される風景なのだった。

テーブルに案内された後、そんな光景を目にしてボーッとしていると、飲茶が次から次へと運ばれてきて、その量とスピードに圧倒されてしまった。味は評判通りだが、おかわりし放題のブッフェということもあってか一点一点楽しむ余裕がないと言う印象。もう少し客のペースに合わせてサーブしてほしいと思うのは贅沢な注文だろうか。
それともこんな店では、そのスピードがちょうど良い位の大人数で円卓を囲むのが正解なのかもしれない。

----------
▼営業時間
----------
ランチ飲茶: 午前11時半~午後2時半(月曜日~土曜日)、午前11時~午後2時半(日曜日)
ディナー: 午後6時半~10時半
※特別な企画を実施していない場合のランチブッフェでは、ワゴンで飲茶が運ばれてくるスタイルになる。

----------
▼予算
----------
大人S$35、子供S$17.5 (2人~)
※企画による。

+++++
あなたの旅が驚きと感動に満ちたものでありますように

2016/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。