1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シンガポール観光地
  5. リトルインディアの現地クチコミ
シンガポール 観光の現地クチコミ

現地のプロ(11人)詳細

Uチノ (現地旅行会社スタッフ)

カラフルな建物やウォールアートがフォトジェニック!

  • 街歩きおすすめ
  • 人気急上昇
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全9枚)

フォトジェニックという言葉が流行り始めてから、カラフルな建物やウォールアートが注目されているリトルインディア。

地下鉄リトルインディア駅を出ると、一気にインド色が強く感じられ、一瞬ここはインド?と思わせる雰囲気です。
電車を降りたホームも他の駅とは違った雰囲気を感じられますので、ホームを降りた時点からリトルインディアの雰囲気を楽しめます。

それ以外にも見所はたくさん!
テッカセンター(通称KKマーケット)では生鮮食品のウェットマーケット(市場)もあり、ローカルの人の日常生活を感じることが出来ます。

他にもリトルインディアアーケードでは、インドデザインの雑貨や小物があったり、大通りのセラングーン・ロードをファーラーパーク駅の方へ歩いていくと、土産物の聖地・ムスタファセンターもあります。

大通り沿いにはインド寺院や小さな店舗が所狭しと並び、伝統衣装サリーや眩しく輝くゴールドを売る店などがあり、サリーを来た女性たちやターバンを巻いた男性などの姿をみると、ここが「リトルインディア」であるということを実感すると思います。

この界隈には人気のインド料理レストランがあり、より一層インドの雰囲気を楽しみたい方はぜひ。
シンガポールでは色々な国の料理を食べることが出来るのが魅力ですが、より本場の味を味わいたいのであれば、インド料理はやっぱりリトルインディアで食べるべし!です。

シンガポールのインド文化は南インドの色が濃く、文字もタミル語、インド寺院も南インド建築のものが多いです。
「アーユルヴェーダ」という言葉を耳にした事もあるかも知れませんが、南インド本場の施術で、エステというよりも体の不調を治す伝統医療方法です。
このアーユルヴェーダもリトルインディアで体験することが出来ますし、ムスタファセンターではアーユルヴェーダ石鹸も購入出来ちゃいます!

フォトジェニックな建物があり、美容系のコスメグッズやお土産もたくさん。これぞ若い女性たちから人気急上昇の理由?!

週末になると人出も多くなり、シンガポールで働くインド人などもここリトルインディアへやってきて買い物を楽しんでいます。
のんびり街歩きをされたい方は平日がおすすめ、ごったがえした活気ある感じが好きであれば、だんぜん週末です!
(シンガポールは安全。といいつつも、人通りの少ない所や夜遅い街歩きは避けるのが無難です)

インドは好き嫌いがはっきり分かれるとよく言われますが、ここリトルインディアも好きな人はクセになる!というはなし。

色々な文化を見て楽しむことが出来るのは多民族国家であるシンガポールならでは!
カラフルに彩られたリトルインディアの街で、ぜひ異国情緒ある時間を楽しんで下さい♪

2018/08訪問
CUCO (コンテンツプランナー)

いろいろな顔を持つエリア。ぜひ散策を。

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

様々な民族が暮らすシンガポール。リトルインディアはインド系の文化を色濃く表すエリアです。
インド系料理が楽しめるテッカセンターやばらまき土産の聖地ムスタファセンター、電子機器販売の小売が入ったシムリムセンターなど、気になるスポットが集まっているのも特徴です。またリトルインディアMRT近くにあるインド系映画専門のREXでは、毎日インド映画が上映されいます。手頃な値段で見れるので、お試ししてはいかがでしょうか?
そんなリトルインディア、今もショップハウスが残り、そこにはデザイン系のオフィスがあったり、若いオーナーによるカフェがあったりとおしゃれエリアでもあるんです。いろいろな顔持ち、自分だけの発見ができるこのエリア。ぜひ、ゆっくり時間をとって散策してください。

  • ジャンル
    その他の観光地
  • エリア
    リトルインディア
  • 住所
  • アクセス
    MRTリトル・インディア(Little India)駅すぐ
  • 営業時間
    各店舗の営業日に準ずる
  • 定休日
    各店舗に準ずる
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。