1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベネチア(イタリア)グルメ
  5. トラットリア・アンティーケ・カランパーネの現地クチコミ
ベネチア (イタリア) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Trattoria Antiche Carampane トラットリア・アンティーケ・カランパーネ

ヴェネツィア人が他に教えたくない人気店

  • シーフードがおいしい
  • 地元っ子に人気

ヴェネツィア人にも非常に評価の高い一軒です。昼も夜もこの店を目的に来る人々でいっぱいの人気店ですが、同店は、たまたま歩いて偶然に発見する、というような場所にはありません。だからこそ、本当に美味しいものを味わいたいがために、ここにやってくる、という人々ばかり。
店の入口には、”ピッツァもラザーニアも、ツーリストメニューもありません”と明記されているのも、客集めのためのメニューはやりません、という店のこだわりの姿勢が見られます。
料理はヴェネツィアのトラディショナル。地元産の季節ならではの素材を使ったメニュー、そのほとんどが魚介を中心に構成され、真のヴェネツィア料理をはずすことなく楽しめる場所といえます。
ヴェネツィア名物、グランセオラ(クモカニ)のタリオリーニ(16ユーロ)、”カッソピーパ”と呼ばれる、魚介の煮込みをビーゴリ(太いスパゲティ状の地元パスタ)と合わせた、ビーゴリ・イン・カッソピーパ(17ユーロ)は、ヴェネツィア料理の醍醐味ともいえるもの。主菜であるセコンド・ピアットには、その日の新鮮な魚介のグリルやフリット(23-25ユーロ)、そして、春先と初秋の非常に短い期間にしか味わえない、ヴェネツィア名物、モエーケ(脱皮したての小カニ)のフリットも。脱皮したての柔らかい小さなカニは丸ごと揚げ、外はカリッと中は濃厚でジューシー…他ではまず食べられない美味さです。希少なものですので、この時期に来店されるなら、ぜひとも召し上がっていただきたい一品です。
サン・ポーロ広場からは近く、リアルト橋側の広場の中ほどにある小さな小さな路地を入り、しばらくリアルト橋に向かって歩いた先、もしくはリアルト橋の魚市場側から歩いても比較的早く到着します。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。