1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バンクーバー(カナダ)観光地
  5. ギャスタウンの現地クチコミ
バンクーバー (カナダ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

ARATA (経営者、現地在住ブロガー)

オシャレになったバンクーバー発祥の地を訪れてみませんか

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

ダウンタウンの北東部にあるギャスタウン(Gastown)は、「バンクーバー発祥の地」と呼ばれており、石畳の道路、レンガ造りの建物と、レトロな雰囲気が漂っています。

街のシンボルである1977年製の蒸気時計は一番の名物。15分ごとに汽笛を鳴らしていて、時計の周辺は写真撮影する観光客でいつも賑わっています。

近年オシャレなエリアとして生まれ変わっているこの地域、ブティックや雑貨屋さん、カフェやレストラン等、様々なお店で賑わっています。私のお薦めは、バンクーバー発のシューズブランド「ジョン・フルーボク・シューズ」。個性的なデザインからシンプルなものまで、色々な靴があり、眺めるだけでも楽しいですよ。

他には、モントリオール発の皮革ブランド「m0851」。私自身、いくつか商品を持っているのですが、総なめし革を使用しているので、使い込むほどに味わいが増し、また小さい傷程度だったら指でさっとなぞると消えますし、雨にも強い。いうことなしのブランドです。

オシャレな家具屋さんや雑貨屋さんも多く、中でも「ORLING & WU」という壁紙屋さん+雑貨屋さんには手頃な価格の雑貨もあり、ついアレコレ欲しくなっちゃいます。

そんなステキなお店が軒を連ねるギャスタウン。昼間は観光客も多く賑わっているため大丈夫ですが、ギャスタウンの東側(ギャッシーの銅像より先)はあまり治安のいい場所ではないので、暗くなってからは近づかないように気をつけてください。

森川 慧矢 (留学エージェント代表)

バンクーバー発祥の地

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気

「バンクーバー発祥の地」とも呼ばれるガスタウン(ギャスタウン)のご紹介。
ウォーターフロント駅(Skytrain始発駅)を出て、左手に進んでいくと石畳の通りがお目見えします。
レストランやブティックもある意外にお洒落なWater ストリートは、
初めての観光がてらの散歩にはうってつけです。

観光名所でもあるのですが、語学学校や専門学校も結構あるんです。
古い建物が多い街並で、おしゃれなカフェもあります。
無数のレストランやパブが並ぶガスタウンでは毎年、
バンクーバー唯一のチリコンカーン(通称チリ)のフェスティバルが行われています。

数分歩けば、街のシンボルである1977年製の「世界初の蒸気で動く時計」にたどり着けます。
時計の上からは何本かの煙突より、蒸気と汽笛が15分ごとに時を知らせます。
学校のチャイムなどでおなじみの『キーン コーン カーン コーン』というメロディが10秒程流れます。
ちなみにここは記念撮影の定番ポイントで、いつも時計の周辺は込み合っていますが、
特にこのチャイムの時間前になると観光客で大賑わいになります。

メイプルツリー広場には、ガスタウンの名の由来となったギャシー・ジャックの銅像が立っています。
彼がここで、近くの製材所で働く労働者を相手に酒場をひらき、
バンクーバーの歴史がひらかれたのです。
ギャッシーというのは「おしゃべり」という意味で、彼のあだ名だったそうです。

ガスタウンの通り沿いには、お土産屋さんなどが多く、小粋な感じのストリートです。
カナダ土産で必ず選ばれるのはメープルシロップ。
サトウカエデの樹液を煮詰めた天然甘味料で、世界では主にカナダ東部のケベック州や
オンタリオ州、米国北東部のバーモント州周辺で生産されています。

ガスタウンにあるメープルデライツがおすすめ。
メープル製品専門店だけあって、やっぱり品揃えが違います。
試食もできるし、ライト Light 、ミディアム Medium 、アンバー Amber、
そしてダーク Dark と異なるメープルシロップが販売されています。

★maple delights(メープルシロップのお店)
【住所】385 Water St, Vancouver, BC V6B 1B2
【番号】604 682-6175
【営業時間】10:00~17:00

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。