1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 海外現地クチコミ
  4. オークランド(ニュージーランド)観光地
  5. ケリータールトンズ シーライフアクアリウムの現地口コミ・地図

オークランド(ニュージーランド)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Kelly Tarlton's Sea Life Aquarium ケリータールトンズ シーライフアクアリウム

  • 動物園・水族館・植物園
  • オークランド
  • 価格帯入場料(大人) 39NZドル
    入場料(3~15歳) 22NZドル
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
23 Tamaki Drive, Orakei, Auckland 1071, New Zealand
アクセス
ブリトマート・トランスポート・センターからバス停1323 - PostshopのCustoms Streetで下車約20分~25分。
営業時間
9:30-17:00
公式サイト
https://www.kellytarltons.co.nz/
電話番号
+64-9-531-5065
投稿日2018/07/03

ペンギンやウミガメと間近で会えるニュージーランド最大の水族館

  • 観光おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

(トラベルフォトライター)

ブリトマート駅から車で約10分、市バスでは754番や765番で約15分のオカフベイにある水族館。
サメの形をしたユニークな無料送迎シャトルバスがブリトマート駅のすぐそば(152 Quay St.)から1日7本運行されているので、
時間を合わせて利用するといいでしょう。

水族館は海面下である地下に位置し、地上のエントランスからスロープを下りてアクセスするのが、冒険心がくすぐられてワクワクします。
スロープを下がりきったところにチケット売り場があり、大人NZ$39、子供(3~15歳)NZ$27で入館できますが、
事前にオンラインでチケットを購入すると大人NZ$32、子供NZ$22とお得で、専用レーンから並ぶことなくスムーズに入れるのでおすすめです。

入館してすぐに南極に関する展示室があり、それを過ぎると目玉の一つである「ペンギン・アイスケーブ」が登場。
このコーナーは南極の自然を再現した水槽で、たくさんのジェンツーペンギンとキングペンギンの姿が見られます。
日本と比べると規模の小さな水族館ですが、南極および亜南極ペンギンの飼育数は世界一だそうです。
毎日11時30分にペンギンの餌やり&飼育員による解説タイムが設けられているので、ぜひこの時間に訪れて愛らしいペンギンたちの姿を鑑賞しましょう。

ウミガメの保護活動に力を入れているのもこの水族館の特徴。
「タートルベイ」コーナーでは大きな水槽の中をゆったりと泳ぐウミガメを見ることができます。

ほかに、動く歩道に乗って見学するトンネル水槽も必見です。
ここにはサンドタイガーシャーク(シロワニザメ)、ブロードノーズ・セブンギル・シャーク(エビスザメ)など、
体長3m以上に達する大型のサメが飼育され、迫力満点です。

サッと見て回れば小一時間ほどですが、ペンギンのほかにもサメやウミガメの餌やりや解説の時間があり、
これらが大きな見どころなので、サイトでスケジュールを確認してから出かけましょう。
カフェやギフトショップもあるので、のんびり見学するなら2~3時間みておくといいでしょう。
水族館の裏側を見て回る「ビハインドシーンツアー」(入館料込みで大人NZ$42~、子供NZ$34~)、
ケージに入って水中トンネルの中に潜り、サメに近づける「シェークケージスノーケル」(入館料込みでNZ$89~)などの有料プログラムも用意されています。

2018/06訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
その他のオークランドの観光スポット
オークランドに関する他テーマの記事一覧

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する