1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アテネ(ギリシャ)ショッピング・お土産・買い物
  5. ライキ(朝市)コロナキ・クセノクラトス通りの現地口コミ・地図

Kolonaki (Xenocratous Street) ライキ(朝市)コロナキ・クセノクラトス通り

  • その他ショッピング・市場
  • アテネ
  • 定休日土曜日-木曜日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Xenokratous, Athens, Greece
営業時間
[金] 7:00-15:00
投稿日2015/09/18

威勢のいい売り声と色とりどりのフルーツで賑わうアテネの朝市

  • いろいろ買えておすすめ
  • 地元っ子に人気

(翻訳家、マーケットリサーチャー)

アテネ市内では、毎週 “ライキ”と呼ばれる朝市が立ちます。この朝市は曜日ごとに移動するのですが、市中心部では唯一、リカビトスの丘の登り口にあるクセノクラトス通りで、金曜日の午前7時からやっています。

産地直送の新鮮な野菜や果物、食用オリーブ、ハチミツ、ハーブのほか、各種生活雑貨や衣料品などの店が軒を連ね、威勢のいい売り声が響いて、冷やかしで歩くだけでもワクワクします。

お奨めは何といっても四季折々の果物。春先のイチゴ、初夏のブラックベリー、夏場の桃やブドウ、トロトロに熟れた秋の柿、冬場のオレンジとタンジェリン。日本と比べて日照時間が圧倒的に長いので、完熟したフルーツの甘さに驚かれることでしょう。

表示価格はすべて1kgの値段。フルーツは袋をもらって好みものを選ぶことができますが、目方で注文する場合は1kg 「エナキロ」、500g 「ミソキロ」、250g 「エナテタルト」と言ってください。

ライキのハチミツも普通に美味しいですが、これといった特徴のない量販品です。食用オリーブはブラックとグリーンのほか、”スルベ”(皴のあるタイプ)や“アナラト”(無塩タイプ)があります。

通りの一番外れに、路上でスブラキを焼いているフードワゴン。炭火で焼きながら塩とオレガノ、レモン汁を振りかけるワイルドな調理法ですが、ときどき無性にこのスブラキが食べたくなることが。クセになる庶民の味です。メニューはポーク1種類のみで1串1ユーロ。バケットのスライスが何個か付いてくるので、これを3串ほど買って歩きながら頬張れば、手軽で格安のランチになります。

ライキは元々安いですが、午後2時を回ると「これ全部で2ユーロ」などと投げ売りを始める店もあります。もちろん、現金のみでクレジットカードは使えません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ライキ(朝市)コロナキ・クセノクラトス通り周辺のおすすめショッピングスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する