1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バルセロナ(スペイン)グルメ
  5. クアトラ・ガッツの現地クチコミ
バルセロナ (スペイン) グルメの現地クチコミ

4 Gats クアトラ・ガッツ

水谷 かおり (ライター、各種入場チケット斡旋)

あのピカソも通ったモデルニスモなカフェレストラン

  • アートな雰囲気が楽しめる
  • 定番人気

カサ・バトリョの正面左手にある、モデルニスモの建物「カサ・アマトリェール」でおなじみの
ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクのもう一つの傑作、
ゴシック地区にある「カサ・マルティ」の1階に位置するカフェレストラン。

1897年に開店し、一度1903年に閉店するまでピカソなどバルセロナの芸術家たちの
たまり場だったことで知られています。
その間に若きピカソがここで個展を開いたという歴史も持っています。

1991年に再びレストランとして開店し、その際にリフォームをしたとはいえ
壁や梁は色を塗っただけで家具は当時のままの物も多くあり、当時の姿の多くを
垣間見ることができます。
ピカソたちが集合しているモノクロの写真もあり、
空いている時間に店員さんに尋ねるといろいろと説明してくれます。

入口付近から奥の壁までがカフェスペース、その壁の裏にある別の部屋が
レストランスペースとなっております。奥の部屋は13時から入ることができ、
20ユーロ弱でプリフィックスコースをいただくことができますが、バルセロナには
もっと安くおいしい料理を提供するお店がたくさんありますし、
内装は手前のカフェスペースの方が魅力がありますので
ここではカフェだけの利用がおすすめです。

カフェスペースにはお店に多大な資金援助をした画家ラモン・カザス自身が
経営者であるペラ・ロメウと自転車でタンデム走行している大きな自画像が
堂々と飾ってあり、来るものすべてを魅了します。
こちらは当時のままの場所にあるレプリカで、本物はカタルーニャ美術館が所蔵しています。

大きなアーチ形の窓から差し込む日も見ものですので、
ここで若き芸術家たちの歴史に触れながら朝食をとるのはいかがでしょうか。
朝はちょっと遅めですが10時から開いております。

朝食の例
■カフェ・コン・レチェカフェ・オレ 1.90ユーロ
■クロワッサン 1.43ユーロ

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。