1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バルセロナ(スペイン)観光地
  5. カサ・ミラの現地口コミ・地図

バルセロナ (スペイン) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

今も人が住むガウディ作の高級アパート。現実世界を忘れる不思議空間

  • 観光おすすめ

他の写真も見る(全5枚)

1906年にガウディにより建設された高級アパート。カサ・バトリョと同じグラシア通りにある世界遺産です。

外壁は切り出したままの石が使われており、地元の人からは「ラ・ペドレラ(石切り場の意味)」
と呼ばれています。
バルセロナ市内で調達できる地図には「La Pedrera」としか表示のないものがほとんど。
道に迷ったら現地の人には「ラ・ペドレラ」の名前で聞くと通じます。

今でも実際にこの高級アパートには4世帯が住んでいます。
入場券を購入し中に入れば屋根裏、屋上テラスのほか今は使用されていない一部の部屋を
見学することが可能で各階で様々な感動があります。

入場するとます中庭に出、その後エレベーターに乗り一気に屋上まで行きます。
エレベーターは混み合いますが、階段で上るのは思いのほか大変ですので
エレベーターの利用をオススメします。
屋上に着いた途端に不思議な空間が目の前に現れます。
上下左右に広がる曲線美、奇抜な形をした通気口や煙突に現実世界を忘れてしまうほど
驚かされるのですが、不思議とこの屋上部分もバルセロナの景観に溶け込んでいるのが
ガウディのうまいところです。

「Espai Gaudi」と呼ばれる天井のアーチが美しい屋根裏はガウディが手がけた
他の作品の模型やパネル、資料の集まった展示スペースとなっています。
中でもカサ・ミラの間取り図には目が釘付けになってしまいました。

階段を下ると19世紀後半から20世紀初めのブルジョワ階級の生活を再現したアパートの
一室が見学できます。ここでも曲線美の際立つドア、窓、家具などからは暖かさを感じます。

地上階にあるカフェにはチケットを持っていない人も入ることができます。
波打つ天井はまるでホイップクリームのようで食欲を起こします。
世界遺産の中でホッと一息、贅沢な時間が過ごせます。夜のライトアップも必見です。

入場料は16.50ユーロ。
他のガウディ作品(カサ・バトリョ、グエル邸)と比較すると音声ガイドが強制的につかない分割安です。
この料金でアパートの部屋の一部を見学できたのは思わぬサプライズでした。

夏は入場券を購入するために約1時間待ちの行列ができるので前もって
インターネット予約されることをオススメします。
カサ・ミラの北側、グラシア大通り沿いにあるオシャレな雑貨屋「VINCON(ビンソン)」の
上階にある中庭からはカサ・ミラの裏側を無料で見学することが可能です。

  • ジャンル
    現代・近代建築 
  • エリア
    アシャンプラ
  • 住所
  • アクセス
    地下鉄3号線Diagonal駅 Passeig de Gracia/Pau Claris出口 徒歩3分
  • 電話番号
    +34-90-2202138
  • 営業時間
    [11月4日-2月28日]9:00-18:30
    [3月1日-11月3日]9:00-20:00
    [1月1日]11:00-18:30
  • 定休日
    12月25日、1月13-19日
  • 予算
    大人 20.50ユーロ
    学生 16.50ユーロ
    12才以下 10.25ユーロ
    6才以下 無料
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。