1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)観光地
  5. 博物館島(ムゼウムスインゼル)の現地口コミ・地図

Museum Island 博物館島(ムゼウムスインゼル)

  • 美術館・ギャラリー
  • ベルリン
  • 定休日博物館により異なる

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Bodestreet 1-3, Berlin, Germany
営業時間
博物館により異なる
電話番号
+49-30-209050
駐車場
なし
投稿日2015/03/23

世界遺産ムゼウムインゼル(博物館島)にそびえる5つの優美な博物館

  • 芸術鑑賞おすすめ

(翻訳)

ベルリン中心部シュプリー川中州に位置する博物館島には、世界でもトップクラスの5つの博物館があります。
この博物館島は、1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。
建築的にも見ごたえのあるこの博物館群。各博物館の見所を紹介したいと思います。

旧博物館:プロイセン王国のプライベートなコレクションを収蔵し、古代ギリシャや古代ローマの作品を存分に味わえます。また博物館の建築は、歴史的に由緒のあるもので新古典主義の中でも最も評価されており見ごたえがあります。

新博物館:古代エジプトの作品が展示されています。最も有名なのは、紀元前14世紀古代絵ジプトの女王ネフェリテテの胸像です。現在もエジプト政府がドイツ政府に対して返還を要求しているほどのお宝。

旧国立美術館:見事な新古典主義やロマン主義、そして初期近代主義の絵画や彫刻のコレクションが展示されています。見所は、フリードリヒの『海辺の僧侶』、メンツェルの「Eisenwalzwerk」、彫刻家ヨハン・ゴットフリード・シャドウの「Prinzessinnengruppe」など。

ボーデ博物館:彫刻、ビザンティン美術、コイン、メダルが主な収蔵品で中世イタリアゴシック期や初期ルネサンス期の彫刻が見所。

ペルガモン博物館:最も入場者の多い博物館。ペルガモンの大祭壇は圧巻の迫力。ヘレニズム期の「ゼウスの大祭壇」、エーゲ海の古代都市にあった「ミレトゥスの市場門」、バビロニアの「イシュタール門」などが代表的。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
博物館島(ムゼウムスインゼル)周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する