1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)観光地
  5. DDR博物館の現地口コミ・地図

DDR Museum DDR博物館

  • 美術館・ギャラリー
  • ベルリン
  • 価格帯入場料(大人) 9.5ユーロ
    入場料(オンラインチケット) 5.5ユーロ
    入場料(団体) 6.5ユーロ
    入場料(学生団体) 4.5ユーロ
    子供(6才未満) 無料
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Karl-Liebknecht-Strasse 1, 10178 Berlin, Germany
営業時間
[月-金・日]10:00-20:00、[土]10:00-22:00
電話番号
+49-30-847123731
投稿日2015/04/16

旧東ドイツがテーマの博物館

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

(ライター)

映像資料のほか当時使っていた日用品や車など、実物の資料が大量に展示されています。
ベルリンの壁博物館とはまた違った視点で東ドイツ・東ベルリンにフォーカスを当てています。

冷戦後の現代においては、歴史のかなたへと消えてしまった旧東ドイツなのですが、
それでもかつて普通に存在した国家でした。
ベルリン市内の再開発の中で昔の風景がなくなってしまうと嘆く声も聞かれます。
こういった感情は、ドイツ語の東を意味する「オスト」と、
過去へのノスタルジーを組み合わせた「オスタルジー」という言葉で表されます。

国家の分断という悲しい歴史はあるにせよ、やはり生活していた痕跡が徐々に少なくなっていくというのは、
ちょっと感傷も含んだ気持ちを持ってしまうのかもしれません。

ここの博物館は、消え行く東ドイツ時代の「生活」がメインです。
内部にはリビングやキッチンをはじめ、住宅の様子、学校の様子、
バカンスの様子など、多様な資料が展示されています。
日本人の我々からしてみると、ちょっと奇抜な習慣もあったりするので、ぜひ注意深く見てみて。

もちろん、ポジティブな面だけではなく、ネガティブな面、例えば秘密警察の活動記録などもあります。
尋問室を再現したブースなどはなかなかにリアルです。
共産主義の国らしくマルクスやレーニンの肖像画も飾ってあります。

旧東独というと、何かしらネガティブなイメージがついてしまいますが、
ここはまさにその国で生きていた人々の息吹を感じることのできる博物館です。
70~80年代のちょっと昔の世界にタイムスリップしてみましょう!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
DDR博物館周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する