1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 北京(中国)グルメ
  5. 旺順閣魚頭泡餅(東直門店)の現地クチコミ
北京 (中国) グルメの現地クチコミ

Wang Shun Ge YuTou Pao Bing(Dongzhimen) 旺順閣魚頭泡餅(東直門店) ワンシュエングゥーユートウパオビン

流浪人ひらさん (ビジネスコンサルタント)

豊富な材料で煮込んだ魚料理の人気店!

  • 魚料理がおいしい
  • 定番人気

地下鉄2号線の「東直門」駅下車。C出口から出て東直門外大街を東へ300メートルほど歩いたところの中国工商銀行の上に位置している。

この魚頭泡餅という料理は、魚の頭とその煮汁に、中華風ナンとも言える「餅」という主食をつけて食べるというシンプルなモノですが、魚を煮込む際に使われる材料は、ねぎ・にんにく・豆板醤・八角・胡椒・砂糖・チキンエッセンス・香菜・生姜・赤唐辛子・調理用酒・塩・醤油・酢・山椒、とかなり豊富。

こうした材料で数十分ほど魚を煮込んだ汁の味はとても濃厚かつまろやか。魚本体よりも、この煮汁に使った餅の方がはるかに美味しいです。

中国語で「泡」は浸かるという意味。魚の頭に餅が浸かっていることからこうした料理の名前になっています。

このお店のもう一つ売りの魚料理は『宝腌魚』(bao3 yan1 yu2)。グルーポンだとこちらがメインの料理になり、価格は188元。

こちらは逆にスパイシーなのが特徴。魚頭泡餅に続く料理としてこのチェーン店が新たに作り上げた料理で各種香料に50時間以上漬けた後、煮て・揚げて・蒸すというプロセスを経て出来上がったモノ。

魚頭泡餅のお値段は174元。平均予算は一人あたり120元ほど。

  • 中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。