1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バンコク(タイ)観光地
  5. 菩提の寺 (ワット ポー)の現地クチコミ
バンコク (タイ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(10人)詳細

Temple of the Reclining Buddha (Wat Pho) 菩提の寺 (ワット ポー)

渡辺俊男 (現地旅行会社マネージャー)

絶対に見逃せない黄金の涅槃仏。穏やかな表情に心癒されて

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

金色に輝く巨大な大寝釈迦仏は圧巻!タイに来たら外せない場所。

大変有名な観光スポットで、大勢の参拝客であふれています。
ワット・ポーの敷地は巨大迷路のように広く、人の流れにそって進んでいくと、全長46メートル、
高さ15メートルの大きさと黄金の輝きに圧倒される涅槃仏とのありがたいご対面に感動!

日本では見られない横になった涅槃仏は、非常に穏やかな表情をし、訪れる参拝者に安らぎを与えてくれます。
足の裏には、真珠貝を使用した細工がされており神秘的。
写真撮影OKなので、いろいろな角度から撮影しましょう。全身を入れたいなら足元から撮るのがおすすめです。

古式タイマッサージの総本山としても有名なこちら。敷地内にはワットポー・マッサージスクールもあります。
エアコン付施設で実際にタイ式マッサージを体験できるので、最後に立ち寄って、疲れをとりましょう。
日本と比べたらとてもリーズナブルですよね。マッサージの技を紹介したパネルなども展示され、
タイ仏教とタイマッサージに深いつながりがあることがわかります。

入場料は200バーツ。穏やかできらびやかなありがたい涅槃仏を拝められるなら、その価値は存分にあります。
タイ式マッサージは入場料とは別料金です。

タイでも非常に由緒ある寺院で、見ごたえ十分。世界遺産に匹敵する価値があります。
ぜひ訪れてみてください。

清水 千佳 (メディア・コーディネーター)

涅槃仏だけじゃない!境内で施術可能なタイ古式マッサージの総本山

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

市内の3大寺院のひとつで、バンコク最古の歴史を持つ寺院、ワットポー(涅槃仏寺)。
巨大な涅槃仏が横たわっていることでも有名ですが、ワットポーの魅力はこの涅槃仏だけではありません!
タイ古式マッサージの総本山としても知られており、境内にマッサージを受けることもできます。
また意外と知られていないのが、タイ国内でも指折りの美しく厳かな本尊の仏像。
タイを訪れたらまず行っておきたいスポットです。
バンコクの中心を悠々と流れるチャオプラヤー川の近くにあるワットポー。
バンコク市内の3大寺院のひとつで、バンコク最古の歴史を持つ寺院です。
全長46メートル、高さ15メートルの巨大な涅槃仏が横たわっていることでも有名。

しかし、ワットポーの魅力はこの涅槃仏だけではありません!忘れてはならない魅力が他に2つあります。
まず一つ目は、タイ古式マッサージの総本山としても知られており、境内にマッサージ小屋を併設し、
実際に施術を受けることもできるということ。
ちなみに昔寺院内にあったマッサージ学校は現在近くの別建物に移転しています。
外国人向けのマッサージ習得コースもあり、日本人の受講生も年々増えています。

2つ目はタイ国内でも指折りの美しく厳かな本尊の仏像。
金箔が施されたブロンズの仏像が安置されていて、その台座にはラマ1世の遺骨が納められています。
涅槃仏があまりに有名なために本尊まで足を運び忘れてしまう人もいますが、
タイ国内でも指折りの美しさを誇る仏像は必見です。
ここの仏像は慈愛に満ちた表情をたたえていて、訪れる者の心を強く惹きつけるものがあると言われています。

外国人の入場料は200バーツ。入口近くの料金所で支払います。
タイの観光スポットになっている寺院ではタイ人は入場料無料、外国人は有料というのが一般的。
時々、「外国人だけ入場料を払わなければならないなんて不公平だ!」と文句を言う人もいますが、
入場料は寺院の修復や維持のために使われています。
観光させていただくお礼として、気持ちよく支払いたいもの。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。