1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ブリュッセル(ベルギー)観光地
  5. イロ サクレ地区の現地口コミ・地図

ブリュッセル(ベルギー)

現地のプロ(2人)詳細を見る

Commune Libre de l'Ilot Sacre イロ サクレ地区

  • その他散策・街歩き
  • ブリュッセル
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Ilot Sacre - 1000 Bruxelles, Belgium
営業時間
24時間営業
電話番号
+32-488-005511
投稿日2016/03/14

「聖なる島」は、ブリュッセルっ子の胃袋のこと

  • 街歩きおすすめ
  • 定番人気

(コンサルタント、コーディネーター、通訳、ジャーナリスト)

Ilot Sacréとは、仏語で「聖なる島」を意味するレストランが密集する界隈のこと。別名「ブリュッセルっこの胃袋」とも呼ばれ、肉屋通りと肉屋小路が交差する500㎡程度の狭い地域に、多くの飲食店が軒を連ねている。

このあたりは、中世以来、肉だの野菜だのを売るごちゃごちゃした市場が立つ一画だったとか。通りで、グランプラスから、このあたり一帯の道の名前は、「ハーブ市場通り」、「胡椒通り」、「バター通り」と、そういう過去を思い起こさせてくれる名前ばかりだ。

1831年、オランダから独立したベルギーは、今の日本人にはぴんと来ないが、19世紀には、石炭や鉄鋼で世界を牽引した産業国。ブリュッセルには、裕福な資本家層が育ち、経済でも文化でも隆盛を極めた。
だから、こんなごちゃごちゃしたみすぼらしい市場一角を強制的に立ち退かせ、世界で初めてのピカピカの大型ショッピングセンター「ギャラリー・サンチュベール」などを次々と建設していったわけだが、それでも、この界隈は、次第に、庶民的な外食タウンとなっていったのだ。

近代には、むしろその庶民的食い倒れ横丁を誇りとするように、より下町だったマロール地方に最後のひとつとして残っていた風刺人形劇上の「TOONE」(指定文化財)も、この一角に引っ越してすっかり定着しているし、最近では、ベルギービール専門店「デリリウム・カフェ」が若者のベルギービールファンをこの界隈に呼び戻し、その周辺の廃墟となっていた建物を次々とテーマカフェに改装して、「デリリウム・ヴィレッジ」を形成して、木曜日あたりから、小道に入りきれないほどの若者でにぎわっている。

良い季節の夕刻からは、通り抜けるのも大変な人ごみなので、スリには十分に注意して、老いも若きも、庶民的なベルギーの食文化を楽しんでほしい。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
イロ サクレ地区周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する