1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. クスコ(ペルー)観光地
  5. カテドラルの現地クチコミ
クスコ (ペルー) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Catedral del Cuzco o Catedral Basilica de la Virgen de la Asuncion カテドラル

アンデス信仰とカトリック教が集合した教会は芸術の宝庫

  • 歴史的建造物おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 地元っ子に人気

クスコでもっとも重要な教会であり、大事なカトリックの祭事は必ずここで行われますが、中の絵画や彫刻にはアンデスの信仰や文化の影響が見られるものもたくさんあります。

1560年に建築が始まり、1650年の大地震にも耐えて、1654年に完成した教会は建築がルネサンス様式、玄関部分はバロック様式になっています。
教会を飾る祭壇にはバロックからネオクラシク様式まで見られます。

ただ特に注目したいのは、「地震の主(セニョール・デ・ロス・テンブローレス)」と呼ばれる黒いキリスト像、マルコ・サパタ作で、アンデスの食べ物クイ(テンジクネズミ)を囲む「最後の晩餐」

脇の聖家族教会は1725年に竣工。トリウンフォ教会は1733年に竣工しており、観光の時間には3つの教会がすべて見られます。

入場料は25ソーレス。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。