1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ハノイ(ベトナム)観光地
  5. ホー・チ・ミン廟の現地クチコミ
ハノイ (ベトナム) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Ho Chi Minh Mausoleum ホー・チ・ミン廟

黒坂 文男 (日本語教師)

ベトナムの聖地ホーチミン廟

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

ホーチミン廟はハノイの聖地、ベトナムの聖地といえるところです。
ホーチミンというとベトナムの都市の名前と思っている人もいるかもしれませんが、ホーチミンは今もベトナム国民の父として敬愛されているベトナム独立の偉大な指導者です。
このホーチミンの遺体が死後そのままの状態で、バーディン広場の奥のホーチミン廟に安置されています。

バーディン広場はホアンキエム湖の西、歩いても20分くらいのところにあります。
バーディン広場の周囲は高い建物がなく、市街の喧騒とは違って厳かな空間が広がっています。

広場は、正方形に区切られた芝生の間に散歩道が造られて緑が美しいです。
広場の中央奥にホーチミン廟があります。廟の左右にはベトナムの国旗と共産党の旗が並んでいます。

このバーディン広場は1945年、当時日本の占領下にあったベトナムに、8月15日の日本が敗北によって、「ベトナム民主共和国」臨時政府が樹立され、ホーチミンが国家主席となり、9月2日、このバーディン広場で独立宣言の演説をおこないました。

ホーチミンが亡くなったのは1969年9月2日で、独立宣言をした演壇の位置に、ホーチミン廟がたてられました。廟の完成は1975年です。

廟を見学する際は、ノースリーブやハーフパンツ、サンダルなどのラフなスタイルはだめです。
また、カメラなどの手荷物は見学前に預けなければなりません。

廟内に入るとおよそ3m毎に警官が厳重に警戒する中、階段を登り切った広間の中央に、ホーチミンの遺体が眠ったように安置されています。
ホーチミン廟から出ると、ホーチミンの家に向かうルートになっています。一柱寺、ホーチミン博物館もそばにあります。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。