1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. プーケット(タイ)グルメ
  5. ブルーエレファントの現地クチコミ
プーケット (タイ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Blue Elephant Phuket ブルーエレファント

kana (旅行ライター)

歴史的建築物で洗練されたタイ料理をいただこう!

  • タイ料理がおいしい
  • メディアで話題

プーケットタウンのクラビ通り(Soi Krabi)沿いにある歴史的建造物、チンプラチャハウス。そのすぐ隣に立地するのが、世界的に有名なタイ料理レストラン「ブルーエレファント」です。

プーケットならではのポルトガルと中国、それぞれの様式を融合した歴史的建築スタイル「シノ=ポルトガル様式」のお屋敷をリノベーションしたレストラン。パトンビーチエリアからは車で約30分の場所に位置しています。
 
1980年にオープンしたベルギー・ブリュッセルにある本店を皮切りに、今では食の都パリやマルタ、そしてコペンハーゲンとヨーロッパに数多くの支店を持つブルーエレファント。タイ国内には、プーケット店の他にバンコク店があります。

味にうるさいヨーロッパ人の舌をうならせてきたブルーエレファント。他のタイ料理レストランとはひと味違う、ヨーロッパ仕込みの上品なフュージョン風のタイ料理をいただくことができます。

店内に入るとすぐカクテルなどを楽しめるバーエリアがあります。人気のカクテルは、タイウイスキー、ウォッカ、ブルーキュラソーなどが入った「ブルー・マイタイ / Blue Mai Tai」(320バーツ / 消費税7%+サービス料金10%別)。アルコール抜きのモクテルならば、プーケットパイナップルをはじめとするフレッシュジュースをミックスした「プーケッティアン / Phuketian」(260バーツ / 消費税7%+サービス料金10%別)。

奥に進むとさすがお屋敷をリノベーションしただけあり、広々としたスペース。シンプルながら上質な洗練された空間が広がります。特にドレスコードはありませんが、リゾートならではのお洒落をして贅沢なひと時を過ごしていただきたいレストランです。

お料理は、メニュー選びに困ったら、お昼は前菜からデザートまで付くランチコース(980バーツ / 消費税7%+サービス料金10%別)をぜひいただいてみましょう。ディナータイムは、中国とマレー料理そしてタイ料理が混ざり合ったプーケットならではの食の歴史を味わえるコースメニュー「プラナカン・メニュー」(お一人様1,650バーツ / 消費税7%+サービス料金10%別)が人気です。

アラカルトメニューの中で人気があるのは、世界のトップ50メニューにも選ばれたタイ南部を代表する「ラム肉と紫サツマイモを入れたマサマンカレー(Massaman Curry With Lamb and Sweet Purple Potato)」(780バーツ / 消費税7%+サービス料金10%別)。ラマ2世の詩からインスパイアされた、オーストラリア産のラム肉と紫サツマイモが入ったとっても詩的なマサマンカレーがいただけます。

メニュー料理のほか、アラカルトメニューも前菜からメニューまで充実(380バーツ / 消費税7%+サービス料金10%別)。アラカルトは、1つのメニューで2~3名、一部は3~4名でシェアして食べることができるボリュームです。いくつかオーダーして、みんなでシェアしながら食べてもよいでしょう。

タイ国内でも有名な高級レストランは、美食家のトラベラーにも人気があり団体客も多いことがあるので事前に予約をしていくことをおすすめします。

支払方法は、現金のほかクレジットカード払いも可能です。日本語メニューはありませんが、外国人のお客様が多いため辛さのレベルを表記している英語メニューがありますし、とても親切に対応してくれるスタッフの方は、タイ語の他にネイティブ並みに英語が通じます。

また、レストランの他に料理教室も毎日朝(9:30~13:15)と昼(13:30~17:00 / 日曜のみ休講)を開催しているので、高級レストランの味を学びたい方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

2019/11訪問

ちょっとおしゃれに!優雅なひと時を!

  • タイ料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!

プーケットタウンの歴史的建築物、
シノポートギュース建築の豪邸がレストランになっています。

豪邸のおしゃれレストランでいただくタイ料理は格別!!
あまりに立派な建物で
レストランであるとは思わない方が多いのではないでしょうか?

おすすめは屋外の席です。
広々とした庭を眺めながらいただく、食事タイムは最高です。
時間の流れが数百年前に止まったかのような感じさえさせるレストランです。

もともとブルーエレファントは、
海外から始まったタイ料理レストランですが、
タイに逆輸入され、これまた人気が高まりました。

タイではバンコク、プーケットの二か所展開しているので、
時間があれば是非訪れてみたいレストランの1つです。

料理はオーダーしてから作られ出てくるので、
料理が出てくるまでの間はゆったりと会話を楽しむことができます。
見た目もきれいなので、
カップルや女性同士の特別なランチ、ディナーにおすすめです。

ブルーエレファントはランチタイム、
ディナータイムに分けて営業していますので、
営業時間に訪れてみてくださいね。

こちらのレストランは料理レッスンも開催しています。
専用のクッキングスペースが設けられており、先生と一緒に料理を作り、
食事を楽しむことができます。
豪華ディナーとはちょっと違った楽しみ方もできるブルーエレファントです。

またブルーエレファントのオリジナル食器や食材の販売も行っています。
「Phuket」とロゴ入りの食器はお土産におすすめ。
タイの味を日本にお土産として持って帰ることもできるので、
エスニック料理好きの方へのお土産として最適です!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。