1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オアフ島・ホノルル(ハワイ)ホテル
  5. アラ モアナ ホテルの現地クチコミ
オアフ島・ホノルル (ハワイ) ホテルの現地クチコミ
NOCCHI* (ホテルコンサルタント)

リピーターの多さに納得☆ 利便性抜群のアラモアナホテル

  • 定番人気

ハワイ最大のショッピングセンター、アラモアナショッピングセンター。
ガイドブックやハワイを取り上げた番組でもよく登場するので、ご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
レストラン含め、店舗数はおよそ350件と世界最大規模のオープンエア・ショッピングセンターです。
近年、スーパーマーケットの「ターゲット」や「フードランド・ファームス」、「ラナイ・フードコート」などの新しいスポットが増えてますます魅力的になっています。

さて、そんなローカルも大好きアラモアナショッピングセンターに、なんと直結しているホテルがあることをご存知ですか?
その名も『アラモアナ・ホテル・バイ・マントラ』。
ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)国際空港より車で約25分、総部屋数は1,100室あり、コナタワーとワイキキタワーの2つのタワーからなる大型ホテルです。

ハワイリピーターの方に大人気な理由は主に3つ。
1.利便性の良さ
ショッピングはもちろんのこと、アラモアナセンターはバスやトロリーのハブであり、ワイキキだけでなくカイルアやノースショアなどへもバス1本で向かえます。

2.リゾートフィーなし!
多くのホテルで設定されているリゾートフィー、泊数毎にかかってくるので最後精算時に思ったより金額高くて驚いた、という経験をされたことがある方もいるのでは。アラモアナ・ホテルではそのような心配はありません!もちろんWi-Fiは無料で使えますよ。

3.全室電子レンジ完備
ハワイでは基本、レストランで食べきれなかったお料理を持ち帰ることが出来ます。小腹がすいたとき、また翌朝などに食べる際、あたためられるとやはり嬉しいですよね♪

他にも、アラモアナ・ビーチパークが目の前にあり、館内には日用品からお土産まで揃うコンビニエンスストアやコインランドリー、スターバックスが。
最上階にローカルに人気のステーキハウスがあるのもポイントです。

気になるお部屋タイプはホノルルの夜景が見えるシティビュー、アラモアナビーチパークを望むオーシャンビュー、さらに1ベッドルームスイートなどがあるのですが、今回はその中から1ベッドルームスイート(オーシャンビュー/マウンテンビュー)のお部屋をご紹介します☆

1ベッドルームスイートは、キングベッドを備えたベッドルームと、ベッドとしても利用できるソファベッドを備えたリビングルームがあり、2口電気コンロのついたミニキッチンが設置されていることが特徴。
包丁やまな板などのキッチン用品セットも無料で借りることが出来るので、スーパーマーケットで食料を買ってお部屋で調理する、なんていう楽しみ方もおすすめです。
レストランなら事前予約必須の海側のお席も、オーシャンビューのお部屋ならそんな必要ありません。
マウンテンビューのお部屋からは、昼と夜で表情を変える街並みが望め、ホノルルの夜景を楽しむことが出来ます!

アメニティはハンドソープやシャンプーなど必要最低限の用意(ご自身で普段使っているものを持参されることをおすすめします。歯ブラシの用意はありません)となっており、一般的にいう”スイートルーム”のイメージとは違うかもしれませんが、その分料金もお手頃。
広めのお部屋に泊まりたい、でもホテルだけにお金をかけるのは、、、という方にもおすすめです。最大4名様まで泊まれるので、ご家族連れの方にも嬉しいですね。

オペレーター経由でジャパニーズアシスタントサービスを24時間いつでも受けられるのも安心です。

2018/12訪問
Ari Kai (グルメライター)

2015年12月に全客室が改装!

  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

 アラモアナホテルはアラモアナセンターに隣接していて、マウイ島やハワイ島のローカルたちがホノルルへ来た時の宿泊場所としても人気が高い。サンクスギビングの翌日のブラックフライデーのショッピングでは、アラモアナセンターは激混みになるのであるが、ローカルたちも、駐車場探しのうんざりを避けるため、このホテルに宿泊し、そのまま歩いてショッピングに向かうホテルとして、今年は満室になったということもニュースで報道されていた。
 アラモアナホテルは、ワイキキからは離れているものの、アラモアナセンターからトロリーが走っているし、何よりアラモアナセンターに歩いていけるというのは嬉しい。15年の12月に全客室が改装され、ベッドやカーペットなども一新された。
 部屋から見える景色も素晴らしく、ワイキキ方面、またアラモアナビーチなども見え、混雑感を感じることもない。
 ホノルル国際空港から車で20分ほどの位置、また美術館やダウンタウンにも行きやすく、日中はサーフィンやダイヤモンドヘッド付近でセーリングをしたり、ビーチでリラックスするのに最適な場所でもある。
 プールで泳ぐ人も少なく、夕暮れ時になると誰もいなく、のんびりとサンセットを眺めながら、夜を迎えることもできる。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。