1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. イスタンブール(トルコ)ショッピング・お土産・買い物
  5. ハジ ベキル(ベイオール本店)の現地クチコミ

イスタンブール (トルコ) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Haci Bekir (Beyoglu Head Office) ハジ ベキル(ベイオール本店)

老舗伝統菓子店の味をお土産にいかが?

  • スイーツおすすめ
  • 地元っ子に人気

1777年創業の、イスタンブールで老舗のロクム屋です。

とにかく、ロクムといえば、ハジベキル。最も有名な名店です。
創業者のハジ・ベキルは、スルタンのお抱えの菓子職人としても活躍し、
その息子たちも宮殿で腕を振るいました。
歴史もあり、それ程由緒正しい菓子店なのです。

ロクムは、日本のゆべしに似たお菓子で、
砂糖とコーンスターチなどを煮詰めて作られます。
その歴史は古く15世紀ごろには、原型になるものが作られていたそうですが、
当時はコーンスターチよりも手に入りやすい小麦粉を使っていたそうで、
少し違っていました。
現在の砂糖とコーンスターチで作る製法は、
このハジベキルが作り始めたといわれており、
いわば、現代のロクムを初めに作った菓子店なのです。

サーデと言われる何も入っていないものや、
フルーツ味、ナッツが入った歯ごたえの良いものなど種類も色々あります。
個人的には、クルミやピスタチオが入ったものが美味しいと思います。
通常、常温保存で6か月は持つので、昔からお土産に喜ばれました。
ロクムという名前に馴染みはなくとも、
ターキッシュデライトならわかる方もいるかもしれませんね。

ナルニア物語で子供たちを誘惑するお菓子としても登場しています。
また、トルコでは、トルココーヒーのお茶請けとしても定番です。

店舗はタクシムのイスティクラル通りにあるこちらが本店。
ヨーロッパ建築の残る街並みに映える昔ながらのレトロな雰囲気です。
ひっきりなしにお客が出入りしていますが、
行列があるわけではないので買い物もしやすいと思います。
店員の方もとても親切で、
気になるものがあれば、味見をさせてもらえますので、
遠慮せずにお願いしてよいでしょう。

ロクム以外にもチョコレートやキャンディーなども豊富です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。