1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. イスタンブール(トルコ)ショッピング・お土産・買い物
  5. メフメット エフェンディの現地口コミ・地図

イスタンブール(トルコ)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Mehmet Efendi メフメット エフェンディ

  • 専門店
  • イスタンブール
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Tahmis Sokak, 66 Eminonu, 34116 Istanbul, Turkey
営業時間
8:00-19:30
公式サイト
http://www.mehmetefendi.com/mehmetefendi/tr/pages/index.html
電話番号
+90-212-511426263
投稿日2015/10/09

トルコからヨーロッパに渡った、かぐわしいトルココーヒーの歴史

  • 食料雑貨・調味料おすすめ
  • 地元っ子に人気

(ライター、編集、翻訳)

エジプシャンバザールの裏手を歩いていると、疲れをいやす芳しいコーヒーの香りが漂ってくる。覗いてみると、挽きたてのコーヒーを求めて買い求める人たちの行列が続いている。ここは、1932年からこの地で創業をしているコーヒー粉販売の老舗、マフメット・エファンディ。その歴史を古く、1871年に父から受け継いだコーヒー豆販売を、それまで家庭で挽いていた豆を創業者自ら挽き、売り始めたのが始まりである。今では、トルココーヒーの代名詞ともなった老舗メーカーは、国内はもとより国外でもナンバーワンのシェアを誇る。
トルココーヒーの歴史を紐解くには、16世紀にさかのぼる。オスマン帝国のイエメン統治者が、コーヒー豆を皇帝に献上したことが始まりで、その後、1615年イタリア・ヴェネツィアを皮切りに、マルセイユ、パリ、ウィーンへとヨーロッパに広がっていった。
私たちが知る一般的なフィルターコーヒーとトルココーヒーの最も大きな違いは、トルココーヒーでは、こさずに、直接水に粉を入れて沸かし、上澄みだけを飲むということ。トルココーヒーの上手に淹れるには、「ジェズベ」という銅製の柄杓型の小鍋が必要だが、家庭にある小鍋でも代用できる。一人前の作り方としては、以下の通り。
①コーヒーカップ一杯の水と大匙一杯のコーヒー粉を鍋に入れ、好みで砂糖(角砂糖一つが目安)を入れて、よくかき混ぜる。
②弱火で、泡立ってくるまで待つ。火にいれた後は、スプーンでかき混ぜないように注意。かきまぜるとトルココーヒー独特の泡がたちづらくなる。
③泡立った上澄みをコーヒーカップに入れ、沸騰するまで少し待つ。
④沸騰したら、すぐに火をとめて、残りの汁をカップに注ぐ。
トルココーヒーのポイントは、泡立った上澄み。これがないと、トルコ人はおいしく感じられないよう。上澄みだけを飲み、下に沈殿している粉は残す。最初飲む時は、粉っぽく飲みづらく感じられるが、そのうち、その濃厚な味わいが病みつきに。飲んだ後は、カップを皿にひっくり返して、トルコ人はコーヒー占いを楽しむ。カップ内の染みの形を動物や自然の物に想像しながら、占いをしあう。これもまた、トルココーヒーの別な楽しみ方といえる。
店内では常に3台の豆挽き機がフル稼働し、香り高い挽きたての新鮮なコーヒー粉を手に入れることができる。値段は、115g/4TL(160円)、250g/9TL(360円)、500g/17.54TL(700円)、他にエスプレッソやフィルター用コーヒー、コロンビア、ブラジリア、カフェインなしのコーヒー粉も販売。袋に入っているコーヒー粉は、開封したらガラス瓶に入れて、冷蔵庫に保管すると、1カ月ほどは新鮮な香りが楽しめるのだそう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
メフメット エフェンディ周辺のおすすめショッピングスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する