1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. イスタンブール(トルコ)観光地
  5. ピエール ロティの丘の現地口コミ・地図

イスタンブール(トルコ)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Pierre Loti Hill ピエール ロティの丘

  • その他自然・景勝地
  • イスタンブール
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Pierre Loti Tepesi Turistik Tesisleri, Idris Kosku Cadde 34050 Eyup, Istanbul, Turkey
営業時間
7:00-24:00(ラストオーダー23:45)
公式サイト
http://www.pierrelotitepesi.com/
電話番号
+90-212-4971313
駐車場
あり(有料)
投稿日2015/02/25

作家が愛してやまなかった景色を堪能

  • 眺望おすすめ

(ライター、編集、翻訳)

日本を始め、世界中を旅し、数々のロマン小説を書いたフランス人作家、ピエール・ロティ。
19世紀初期、彼は頻繁にイスタンブールを訪れては、もともとこの地にあった、
茶屋「ラビア・カドゥン・カフェス」に来て、執筆を続けていました。
彼の名を世に知らしめた「アジヤデ」はこの地で制作されたものといわれています。

叙情作家が愛してやまなかった景色は、遠くガラタ塔のある新市街、
金閣湾をはさんで右手に旧市街が広がるイスタンブールらしい風景で、
いつまでも眺めていたいほどです。

茶屋で一番お勧めなのはトルココーヒーです。
挽きたての芳しい香りが旅の疲れを一気に癒してくれます。
飲んだ後は、コーヒーカップを逆さにしてソーサーのうえにおき、
トルココーヒー占いをしてみてはいかが?

イスタンブール市内のボスフォラス海峡を見渡すレストランだと、チャイなら4~5TLは当たり前。
それを考えると、この絶景で、チャイ2.60TL、トルココーヒー5.20TLはかなり良心的だといえます。

茶屋は、基本的にチャイやトルココーヒーといった飲み物しかありませんが、
朝ごはんや軽食類がいただけるレストランやホテルも隣接しているので、
お腹が空いたら、そちらを利用してみてもいいですね。
個人的も、隣接のレストランでの朝ごはんはおすすめです。
トルコ人は、休日に朝遅く起きて、チャイを飲みながらのんびりと朝ごはんをする習慣があります。
忙しい観光の合間に、一日だけは、朝早く起きてせかせか観光に出かけることなく、
のんびりとトルコ風の朝ごはんを楽しんでみてはいかがでしょうか?

朝ごはんは、オリーブやチーズ類、ジャム類、野菜、ゆで卵、ハムなどが、
ワンプレートになったものがあり、パンとチャイ2杯がついて15TLトルコリラ)。
ホテルではブッフェスタイルの朝ごはんもいただけますが、
こっちは朝10時までなので、注意。
金閣湾の絶景とともに、チャイを飲みながら、
ゆったり、そしてまったりとした時間を楽しんでください。

場所はスルタンアフメット地区からタクシーで15分ほど。
ちょっと遠いからなぁと迷っている人は、ぜひとも足を運んでみて。
ガラタ塔を中心とした新市街と歴史地区にあたる旧市街を一望できる数少ない場所であり、
何より芸術家たちの創作意欲を掻き立てるほどの叙情的な風景は、
旅の疲れを癒してくれること間違いなし。

この丘の袂には、エユップ・スルタン・モスクがあるので、こちらを観光してから、
モスク横のケーブルカーで茶屋に行くといいです。
車窓に広がる金閣湾の絶景を眺めながら、約6分ほどで、ピエール・ロティの丘に到着します。
乗車料金は大人3TL。

茶屋には、ピエール・ロティゆかりの資料が展示してあり、
景色とともにそちらもじっくりと観察してみてください。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ピエール ロティの丘周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する