1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. クアラルンプール(マレーシア)グルメ
  5. ニョニャ・カラーズ(スリアKLCC店)の現地クチコミ
クアラルンプール (マレーシア) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Nyonya Colors (Suria KLCC) ニョニャ・カラーズ(スリアKLCC店)

阿部 吾郎 (トラベルガイド株式会社代表)

マレーシアの伝統的なお菓子「ニョニャ・クエ」をゆっくり食べられるお店

  • スイーツがおいしい
  • 穴場

ニョニャカラーズとは、クアラルンプール及び近郊、ゲンティンハイランドで9店舗を展開しているニョニャ・クエのチェーン店です。

観光客が利用しやすい場所にある店舗は、ペトロナスツインタワーの足元にあるショッピングモール「スリアKLCC」、
インビ通り沿いにあるショッピングモール「ベルジャヤタイムズスクエアー」内にあるお店。
LCCが発着する、クアラルンプール国際空港第2ターミナル(KLIA2)の中にもお店があります。

ニョニャとは、プラナカンの女性のことで、クエとはお菓子のことです。
ニョニャ・クエとは、プラナカンの伝統的なお菓子の事で、ペナンやマラッカなどでは商店の軒先などでよく売られているのを目にします。
もち米やイモ類から作られるものが多く、日本のういろうや餅菓子に近い感じです。色鮮やかなものが多いのですが、すべて天然素材で色付けだれています。
ココナッツやグラムラカ(マラッカ名産の椰子から取れる砂糖)で、優しい味付けがされています。

ニョニャカラーズでは、このニョニャ・クエをしゃれたケーキ屋さんのような感じで、少し高級感を持たせて販売しています。
テイクアウトもできますし、店内で食べることもできます。だいた1つ1リンギット前後ですので、たくさん買っても大丈夫です。
いろいろな種類を試してみてください。

カラフルな層になっている四角いお菓子がクエラピスという代表的なお菓子です。これは、ココナッツ味のういろうといった感じです。
緑の丸いものは、オンデオンデといい、お餅の中にグラムカのシロップが入ったもので、ココナッツがまぶしてあります。

飲み物や、食事のメニューもありますので、喫茶店替わりに利用したり、食事をしてデザートにニョニャ・クエを食べるといったこともできますよ。

日本語は通じませんが、ニョニャクエはショーケースに入っていますので、指差し注文できます。
ただ、それぞれどのようなお菓子なのかは、事前にホームページなどで調べておいた方が注文しやすいでしょう。英語は通じます。

2015/02訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。