1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マドリード(スペイン)グルメ
  5. ラ リアの現地口コミ・地図

マドリード(スペイン)

現地のプロ(5人)詳細を見る

La Ria ラ リア

  • スペイン料理
  • マドリード
  • 価格帯10ユーロ~
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Pasaje de Matheu, 15, 28014 Madrid, Spain
営業時間
13:00-16:00、20:00-24:30
電話番号
+34-91-5215155
投稿日2014/09/30

リピートしたくなるムール貝専門店

  • ガリシア料理がおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

(記者、カメラマン、経営者)

ラ・リアの「リア」とは、リアス式海岸の「リア」で、入り江のことです。
リアスは、リアがたくさんある場所を意味する複数形です。特にガリシア地方の入り江
を指します。

ガリシア地方の入り江は、ムール貝の産地。なので、スペインではラ・リアといえば、
ガリシアの入り江=ムール貝だと連想できるわけです。

私がスペインに来たばかりの頃、在住30年以上になる日本のおじさまが、私をこのお店
を連れてきてくれました。「どこかに書かれたら観光客がわっと来てしまうから、絶対
どこにも書かないでね」と念を押されたので、どこにも書かず、誰にも言わず、自分の
棟にひっそり隠しておいた店なのですが。

あはは、そんな美味しい店が秘密であり続けるわけないですよね。今や(きっとあの頃
も)ムール貝の専門店ラ・リアは日本の観光客にも大変人気があり、「日本のテレビレ
ポーターが取材に来たよ」と、お店に記念写真が飾られていますほど。

ならば観光客向けのお店かと言えば、そうではありません。

お客様の大半が、地元のスペイン人なのです。

仕事の合間にビール一杯飲みに来ているおじちゃん。
ムール貝が食べたくて買い物のついでに寄ったおばちゃん。
椅子には座らず、立ったままムール貝を食べては、殻を床の溝に捨て、食べては捨て。

地元の人々に信頼されている店なので、安心して注文できるのもよいところですね。

ラ・リアの大きくてプクプクしたムール貝には、冷製と温製があります。

冷製は、

①辛くて酸っぱいパプリカの利いた特製ソースで、
②新鮮なレモンをかけて、
③お酢とみじん切りにした野菜のマリネをかけて、
④マヨネーズをかけて

以上4種類があります。 お皿に残った汁は、殻ですくって飲み干しましょうよ。

温製は、トマト煮込みと、ピリ辛ソース煮込みの2種類。

それぞれ5〜7.5ユーロとリーズナブル。
止まり木での料金はさらに30セントお安いんですよ。だから、立ち飲みするんですね!


ムール貝と合うのがガリシアの白ワインです。陶器のおちょこで飲むのですが、それが
また、日本酒に似たオツな味わいで外せません。

ムール貝の他にも、輪切りにしたタコを茹でたじゃがいもの上にのせ、オリーブオイル
とパプリカをかけたガリシア風タコ、マッシュルームとガーリックのオリーブオイル煮
など、スペインバル定番おつまみもあります。

ラ・リアは何度行ってもリピートしたくなる店です。ソル広場から歩いてすぐですから
場所を覚えて、行きたくなったらフラっと立寄りましょう。

ひとりで入って止まり木に立ち、おちょこの白ワインとひと皿のムール貝を注文。
食べ終わったら速やかに店から出る。そんなラ・リア流儀を真似してみましょう!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ラ リア周辺のおすすめグルメスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する