1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオ観光地
  5. タイパ ハウス ミュージアムの現地口コミ・地図

The Taipa Houses Museum タイパ ハウス ミュージアム

  • 美術館・ギャラリー
  • タイパ/コタイ
  • 価格帯入場料 無料
  • 定休日月曜日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Avenida de Praia, Carmo Zone, Taipa, Macau, China
営業時間
[火-日]10:00-19:00(チケット売り場は18:30まで)
公式サイト
https://www.taipavillagemacau.com/directory/taipa-houses-museum/
電話番号
+853-2882-7103
駐車場
なし
投稿日2015/03/24

ウェディングフォト撮影のメッカ・フォトジェニックな観光地

  • 観光おすすめ
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

(旅行会社勤務)

マカオの中で、ポルトガルの雰囲気を感じることができる代表的な場所の一つとして、タイパ・ハウス・ミュージアムを挙げることができます。

もともとは、高級官僚やマカエンセ(中国人とポルトガル人双方の血を引く人たちの呼称)の家族が住んでいた住居だった5つの棟が、1990年代後半に博物館へと改装されました。

その中でも興味を引くのは、1棟目の「マカエンセの家」です。
小ぢんまりした2階建ての家の中にはキッチンや寝室、主人部屋のすべての1900年代のポルトガル家具やファブリックが展示されているのですが、どれも素敵で見ていて楽しくなります。

その他の棟も、アートギャラリーになっていたり、ポルトガルの民族衣装が展示してあったりしますが、一番奥の「迎賓館」は政府による歓迎会やイベントで利用されるため、普段は一般開放されていません。外観の写真を撮るのであれば、こちらの迎賓館がおすすめです。

毎年6月中旬には、タイパハウスミュージアム前で「マカオロータスフラワーフェスティバル」というマカオのシンボルである蓮の花をテーマにしたイベントが開かれ、珍しいハスの品種の展示や、手工芸コーナーも設けられます。

また、ここの一角にある噴水広場では、ライブやポルトガルダンスなどの催しが行われる場合も。年末には、カウントダウンのイベント会場にもなります。

開館時間: 10:00~18:00(最終入館は17:30)。月曜休館。
入館料: 大人5パタカ、65歳以上12歳未満は入館無料。日曜は入場無料。

バス路線: 11, 15, 22, 28A, 30, 33, 34(嘉模泳池下車)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
タイパ ハウス ミュージアム周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する