1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マカオ観光地
  5. 聖ヨセフ修道院及び聖堂の現地クチコミ
マカオ 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

St. Joseph's Seminary and Church 聖ヨセフ修道院及び聖堂

フランシスコ・ザビエルの聖骨が眠る聖堂

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

中心地のセナド広場からのんびり歩いて10分ほどのところには、美しい教会が点在するエリアがあります。
そのエリアで一番の見どころともいえるのが、聖ヨセフ修道院の聖堂。
修道院は見学できませんが、併設した聖堂は自由に入ることができます。

修道院は1728年にイエズス会がアジア布教の拠点として造ったもので、聖堂は1758年に併設されました。
バロック様式の聖堂の中には、ドーム形の天井からやさしく光が差し込み、心が洗われるような静かな時間が流れています。

ここは、フランシスコ・ザビエルの右腕の遺骨が安置されていることでも知られる場所。
ザビエルの聖骨は、コロアン島の聖フランシスコ・ザビエル教会などを得て、1990年代後半からここに眠っています。

でも、一度もマカオには上陸していないザビエルの右手がなぜ、故郷スペインでもない異国に眠っているのでしょうか。
そこには、日本の歴史が深く関係しています。

日本での布教を終え、中国大陸を目指したザビエルは、大陸の手前、マカオ西方にある上川島でその時期を待っていました。
しかし、中国への入国はできないまま、1552年、46歳で病没。
その後、右腕の骨は、布教活動を行った日本に送られることになったものの、キリスト教弾圧が激しい江戸時代、遺骨の安置はできないと判断され、マカオに授けられることになったのです。
そんな歴史を思いながら見学してみると、マカオがぐっと身近になるかもしれません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。