2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ミラノ(イタリア)観光地
  5. ブレラ絵画館の現地口コミ・地図

ミラノ (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

イタリア国内で5指に入る美術館

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

ミラノ地下鉄(2番) ランツァ(LANZA)駅から徒歩 10分にあるブレラ絵画館は、16世紀M.バッシによって着工されました。1651年リキーニによって完成された建物は、2本の円柱が支えるアーチの回廊が美しく、広い中庭があり、中心にはカノーヴァ作「ナポレオン1世の銅像」が堂々と置かれています。これは、当時ナポレオンが、ブレラ絵画館に絵画コレクションを増やしていったためです。

400点を超える作品を年代と流派別に展示しています。15~18世紀のロンバルディア派とヴェネチア派の作品が特に充実していて、お勧めは、ラファエロ作「聖母の婚礼」(1504年)、アンドレア・マンテーニャ作「死せるキリスト」(1497年以降)、ジョヴァンニ・ベリーニ作「ピエタ」(1460年)、ピエロ・デラ・フランチェスカ作、「ブレラの祭壇画」(1460年代末)など。

筆者は特に、ラファエロ作「聖母の婚礼」をお勧めします。ラファエロは短命のため作品が少ないので、ラファエロの作品自体が貴重であること、また彼の特徴である、きれいな色使いが堪能できる作品であること、さらには通常聖母マリアの夫、つまりキリストの父ヨセフは老人として描かれることが多い中、この作品はヨセフをマリアとほぼ同年代の若い青年として描かれていることが非常に珍しく、貴重です。

絵画全体の鑑賞には、1時間半から2時間程度です。以前あった日本語のオーディオガイドは現在なくなり、英語版のみ=5ユーロです。

絵画鑑賞は体力を使いますので、十分睡眠をとり、体調を万全にして、1つ1つの絵画を考えながらじっくりと鑑賞するとよいでしょう。

ブレラ絵画館、公式サイト:http://www.brera.beniculturali.it

  • ジャンル
    美術館・ギャラリー
  • エリア
    ミラノ
  • 住所
  • アクセス
    地下鉄赤・黄色線Duomo 徒歩11分 地下鉄緑線Lanza 徒歩5分
  • 電話番号
    +39-02-7226 3264
  • 営業時間
    8:30~19:15(チケットオフィスは18:40でクローズ)
  • 定休日
    月曜、1月1日、5月1日、12月25日
  • 予算
    入場料(一般) 10ユーロ
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。