2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ミラノ(イタリア)観光地
  5. スカラ座の現地口コミ・地図

ミラノ (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

オペラの殿堂。マリア・カラスの声にシャンデリアも揺れた?

  • 伝統芸能観賞おすすめ
  • 定番人気

スカラ座広場は1858年に、中世時代から残存していた建物を取り壊して作られ、広場の中央には1872年に完成したレオナルド・ダ・ヴィンチ記念碑が立っています。

もともと王宮内にあった劇場が火事のために焼失した後、1300年代に建築されたサンタ・マリア・デッラ・スカラ教会の跡地にジュゼッペ・ピエルマリーニの設計によりスカラ座が建設されました。それが1778年のことです。

初代の宮廷劇場以来の伝統を持つイタリアオペラ界の最高峰とされ、ヨーロッパのオペラ座の中においても最も重要な劇場の一つとなっています。

劇場内部は伝統的なイタリア式蹄鉄型で四層のボックス席と二つに分かれた天井桟敷席があり、舞台が奥に伸びています。そして劇場正面には馬車専用アーケードの突出部があり、馬車から降りる際に雨に濡れずに劇場に入ることが出来ました。

スカラ座は数々の著名なオペラの初演の舞台となり、プッチーニの代表作はスカラ座で初演されています。スカラ座のシーズンは伝統的に12月7日のミラノの守護聖人、聖アンブロジウスの日から始まり、この日の上演はすぐ近くのガレリア内に設置された巨大モニターを通じて生中継されています。

正面入り口左手にはスカラ座博物館の入り口があり、劇場の歴史と結びついた資料や人物に関する 数多くのコレクションが集められていて、 またリハーサルなどが行われていない時間帯は、ボックス席が開放され劇場内部も見学できます。

イタリアオペラの最高峰

  • 伝統芸能観賞おすすめ
  • 有名人ご用達
  • 地元っ子に人気

世界のオペラの殿堂、スカラ座(Teatro alla Scala)は、地下鉄ドゥオモ(Duomo)駅からガッレリアを抜けてすぐ、またはコルドゥシオ(Cordusio)駅からすぐの所にあり交通の便はとてもよいです。

1778年にピエル・マリーニの設計により建設され、サンタ・マリア・アラ・スカラ教会の跡地に建てられたため、この名がつけられました。2階にはスカラ座博物館(Museo Teatrale alla Scala)があり、スカラ座と音楽芸術の歴史の展示場となっています。アイーダ、椿姫などで有名なミラノになじみの深いヴェルディの胸像や肖像画、スカラ座で初演された初版楽譜、また舞台衣装なども見ることができます。スカラ座の内部は荘厳で美しいので、公演チケットがない方は博物館に入り内部を見ていただきたいです。

スカラ座のシーズンは伝統的にミラノの守護聖人アンブロジウスの日である12月7日に始まります。
この日は、ミラノのセレブの方々が全身毛皮のコートを着て集まり、華やかな様子がイタリアのテレビで報道され、イタリア国民は今年もこの季節がやってきたなと感じるのです。

以前はスカラ座のホームページはイタリア語のみで分かりづらく、チケットを取るのが大変でしたが、最近はホームページが見やすくなり、さらに英語表示もされるようになり、チケット購入がしやすくなりました。
また、チケットが売り切れの場合でも当日券が残っている場合は、当日の昼に並んで、うまくいけばチケットを入手することができます。詳しくは下記のスカラ座公式サイト、及び、在ミラノ日本国総領事館による、スカラ座チケットの入手方法についてをご覧ください。

スカラ座では、オペラだけでなく、バレエ、クラシックコンサートも行われますが、やっぱりおすすめはオペラです。オペラ鑑賞の際のアドバイスとしては、内容、演奏される曲などを事前に知っておくとよいです。
オペラは基本イタリア語なのでよくわかりません。事前にネットで調べると、第一幕、第二幕・・・などの内容を確認できます。筆者の場合はプリントアウトして、オペラを見ながら内容を読み、今はこの部分だなと確認しながら見るとより深く理解できます。また演奏される曲は何度も聞き込みます。そうすると、より感動することができます。このようにオペラ鑑賞の際には事前の下調べ、勉強が重要です。筆者は何も知らずに行ったときは、寝てしまいました。

1階のメイン席は100Euro以上で高いですが、液晶画面でイタリア語、英語の字幕がリアルタイムで流れるのでお勧めです。また、3階席、4階席などは真上から見降ろすので、かなり観にくいので注意してください。オペラグラス、双眼鏡が必須ですね。2階席のBox席は数人の席が個室のようになっていて、家族などにはいいのですが、Box内の奥側ですとかなり見づらいです。
観にくい席だとしても、スカラ座でオペラを観たというのは一生の思い出になりますので、チケットを手に入れて見に行きましょう!

スカラ座の公式ホームページ
http://www.teatroallascala.org/en/index.html

在ミラノ日本国総領事館による、スカラ座チケットの入手方法について
http://www.milano.it.emb-japan.go.jp/avvisi/scala.html
参考ブログ記事:http://shiroyuki.doorblog.jp/archives/51279749.html

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。