1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ニューカレドニアのモデルコース
  5. 離島へ行かずにアイランドリゾートを満喫、ランチも充実♪

ニューカレドニアのプロがおすすめする、現地モデルプラン

投稿日:2015/08/31

1~3万円 離島へ行かずにアイランドリゾートを満喫、ランチも充実♪ 1日コース

フランジパニエ (通訳・翻訳、日本語教師)

このモデルプランのポイント
時間と予算の都合上、イルデパンや離島へは行けそうもない方でもアイランドライフを存分満喫出来ちゃう嬉しいプラン♪ 早起きのヌメアっ子たちで賑わう朝市からスタート、快適な船でたったの20分で行けるエスカパードアイランド。マリンスポーツにプール、ビュッフェで満腹になったら博物館で南太平洋の文化に触れて。
地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
スケジュール
  • 合計予算27,300円/人
  • 所要時間 10時間45移動:2時間
  1. 1 09:15~09:50 ヌメア朝市
  2. 徒歩 移動:0分 ルート表示
  3. 2 09:50~10:00 モーゼル湾
  4. 船 移動:20分 詳細を見る

    小奇麗な船内は居心地いいですが、晴天ならぜひ屋上デッキへ。海の上から眺めるヌメア市街の風景は絶好のシャッターチャンス!シトロン湾、アンスバタ、ウアントロの丘、カナール島、と主な観光スポットが次々と現れます、20分の船旅を存分楽しみましょう。風の強い時には波しぶきがかかるので注意して。

  5. 3 10:20~15:00 エスカペイド アイランド リゾート
  6. 船 移動:25分 詳細を見る

    先ほどの桟橋から再び船に乗りモーゼル湾へ戻ります。海を背に正面駐車場の向こうに、ヤシの木々に守られた博物館の白い建物がすぐ見付かるでしょう。モーゼル湾から徒歩5分足らずです。

  7. 4 15:25~16:30 ニューカレドニア博物館
  8. バス 移動:15分 詳細を見る

    博物館を出て先ほどのモーゼル湾へ戻る途中、マルシェの手前、フォッシュ通り沿いにある水色屋根のバス停から10・11系統のグリーンラインバスに乗車(アンスバタ・シトロン湾経由でウアントロ方面行き)。バスが来たら手を上げて運転手に合図を、さもないと止まってくれません。前扉から乗車、210フラン渡して運転手からチケットをもらったらステップを上がった所にある黄色の機械にチケットを入れてパンチさせて引き抜きます。ごく稀に車掌が乗ってくることがあるので、下車するまで一応チケットは保管しておきましょう。車内では進行方向右側に座るとグッド、バスは中心街を出ると坂を上り下りしてオルフェリナ湾沿いに進み、ほどなくシトロン湾、アンスバタへ。バス停「アンスバタ」で下車。車内アナウンスはないので、降りたいバス停が近付いたら車内のボタンを押して運転手に知らせましょう。
    バス通りの反対に見えるヒルトンの白い建物3棟の左端がレトラーブ。

  9. 5 16:45~17:30 レトラーヴ
  10. 徒歩 移動:60分 ルート表示
  11. 6 18:30~20:00 将軍
エリア
ヌメア
住所
Rue Georges Clemenceau, Noumea, New Caledonia
ジャンル
  • 市場
営業時間
5:00~10:30頃まで
定休日
毎月第3月曜日、12月25日、1月1日
平均予算
0円

カレドニアへ来たら必ず寄って欲しいのがここ!色とりどり、形もユニークな南国の野菜・果物、水族館から来たような極彩色のトロピカルフィッシュや天使のエビ… 食べなくても見るだけで楽しいものが沢山。オーストラリアなどからの大型客船が寄航する日と週末は、パレオ、リゾートウエア、帽子、手作りアクセサリーなどを売るテントも多数出店するので、エスカパードアイランドへ旅発つ前に是非覗いてみて。

徒歩で移動 約0分

料金目安:約0円

モーゼル湾とマルシェはお隣さん同士、並んでいるので徒歩で数歩の距離です。

2 09:50~10:00モーゼル湾
エリア
ヌメア
住所
Quartier Latin, Noumea, New caledonia
ジャンル
  • その他ビーチ・海
平均予算
0円

マルシェのすぐ横がモーゼル湾マリーナ。アメデ島へ行く「 MaryD号」を始めチャーターヨットなどの船の発着はここです。マルシェの喧騒からチョッと離れベンチに腰掛けて、キラキラ光る波間に揺れるボート、ヨット、カタマランなどを眺めてしばし一息入れましょう。

なお本プランは、エスカパードアイランドへの往復の船、ビュッフェランチ(飲み物は別料金)、ホテルのプールとデッキチェア使用料(バスタオル、アクアズールのマリンアクティビティは含まず)の3点が含まれたお得なセット「Journée détente」を利用,これは日系旅行代理店では扱っていません。このセットの価格は平日料金で、週末料金は約12000円と割高になります。

船で移動 約20分

料金目安:約9,200円

小奇麗な船内は居心地いいですが、晴天ならぜひ屋上デッキへ。海の上から眺めるヌメア市街の風景は絶好のシャッターチャンス!シトロン湾、アンスバタ、ウアントロの丘、カナール島、と主な観光スポットが次々と現れます、20分の船旅を存分楽しみましょう。風の強い時には波しぶきがかかるので注意して。

3 10:20~15:00エスカペイド アイランド リゾート

このスポットのホテル情報を見る

エリア
ヌメア
住所
.BP 4918 Noumea New Caledonia
ランク?
  • 2つ星ホテル
平均予算
12,000円

緑の島影の前に水上バンガローが点々と見えて来ると、いよいよメトル島に到着です。下船して島まで歩く桟橋の周りには沢山の魚達。ここからは帰りの船の時刻まで自由行動。まずは桟橋に向かって左側にあるプールサイドのデッキチェアーとパラソルを確保、これは料金に含まれていますが数に限りがあります。のんびりしたい方はプールでのひと泳ぎと島内の散歩を繰り返しても。珍しい鳥に遭えるかも?
せっかくここまで来たのだからマリンスポーツにトライしてみましょう。桟橋に向かって右手にはマリンアクティビティショップ「アクアズール」が。ジェットスキー、カヌー、パドルサーフィンボードなどをレンタルして楽しめます。シュノーケルセットの貸し出しもあり。
ランチはプールの後ろのレストラン「ウアントロ」でビュッフェを。天使のエビ、魚タップリのタヒチアンサラダ、ムール貝にはじまりローストビーフなどの肉類、選ぶのに迷う数々のデザートも。リゾートとはいえ一応レストランなので、水着の上からサッと羽織るものがあるといいですね。

船で移動 約25分

料金目安:約0円

先ほどの桟橋から再び船に乗りモーゼル湾へ戻ります。海を背に正面駐車場の向こうに、ヤシの木々に守られた博物館の白い建物がすぐ見付かるでしょう。モーゼル湾から徒歩5分足らずです。

4 15:25~16:30ニューカレドニア博物館
エリア
ヌメア
住所
43 Avenue du Marechal Foch, Noumea, New caledonia
ジャンル
  • 博物館
営業時間
9:00~11:30、12:15~16:30
定休日
火曜日、祝日
公式サイト
http://www.museenouvellecaledonie.nc/portal/page/portal/smp/
電話番号
+678-2272342
平均予算
250円

外の照りつける陽光とは正反対の黒がベースの博物館内はまるで別世界、神秘的なムード。一階はカナックの伝統文化・芸術、中二階ではパプア・ニューギニア、バヌアツなど南太平洋の文化・芸術に触れることができます。裏庭にはカーズ(伝統的住居)が展示されており、ニューカレドニア固有の植物も植えられて。なお館内は写真撮影禁止です。

バスで移動 約15分

料金目安:約250円

博物館を出て先ほどのモーゼル湾へ戻る途中、マルシェの手前、フォッシュ通り沿いにある水色屋根のバス停から10・11系統のグリーンラインバスに乗車(アンスバタ・シトロン湾経由でウアントロ方面行き)。バスが来たら手を上げて運転手に合図を、さもないと止まってくれません。前扉から乗車、210フラン渡して運転手からチケットをもらったらステップを上がった所にある黄色の機械にチケットを入れてパンチさせて引き抜きます。ごく稀に車掌が乗ってくることがあるので、下車するまで一応チケットは保管しておきましょう。車内では進行方向右側に座るとグッド、バスは中心街を出ると坂を上り下りしてオルフェリナ湾沿いに進み、ほどなくシトロン湾、アンスバタへ。バス停「アンスバタ」で下車。車内アナウンスはないので、降りたいバス停が近付いたら車内のボタンを押して運転手に知らせましょう。
バス通りの反対に見えるヒルトンの白い建物3棟の左端がレトラーブ。

エリア
ヌメア
住所
107, Promenade Roger Laroque, Anse Vata, Nouméa, 98800, Nouvelle-Calédonie
ジャンル
  • バー
定休日
無休
電話番号
+678-259440
平均予算
600円

静かに音楽の流れる、座り心地良いソファーの店内席に深々と腰掛けてカプチーノ片手にくつろぐもよし、屋外のテラス席で、青々とした芝生の向こうに広がるアンスバタビーチを眺めながら、よく冷えたナンバーワンビールでほてったからだを冷やすもよし。少しここで一息入れましょう♪

徒歩で移動 約60分

料金目安:約0円

ホテルへ一旦寄って着替え、気分サッパリしてから暮れなずむアンスバタを右に眺めつつ「将軍」のあるホテルメリディアンまでのんびり歩いて行きましょう。季節によっては丁度サンセットの時刻、水平線に沈む見事な夕陽を望めるかも?レトラーブからメリディアンまでは徒歩で15分ほどです。

エリア
ヌメア
住所
7 Promenade Pierre Vernier, Val Plaisance, Nouméa, Nouvelle-Calédonie
ジャンル
  • 日本料理
営業時間
11:30-13:30、18:00-21:30、[水]18:00-21:30
定休日
毎週水曜日の11:00~14:00
公式サイト
http://www.lemeridiennoumea.com/en/shogun
電話番号
+678-265105
平均予算
5,000円

太陽の下で一日過ごしてけだるさが残るからだには、程よく効いたクーラーと静かに琴の音流れる落着いた雰囲気が嬉しい和食レストラン。ランチはビュッフェだったのでディナーはゆったりと腰を据えて食べたいものですね。テーブル席はもちろんカウンター席もあります。お寿司はもちろん天ぷら、餃子などの一品料理、どんぶりもの、鉄板焼き、懐石定食、と品数の多さにはオドロキです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
このプランで紹介しているスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する