1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ゴールドコースト(オーストラリア)ホテル
  5. ヒルトン サーファーズ パラダイス レジデンシズの現地クチコミ

ゴールドコースト (オーストラリア) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Hilton Surfers Paradise Residences ヒルトン サーファーズ パラダイス レジデンシズ

ゴールドコーストではまだまだ最新のホテルです。

  • 定番人気

サーファーズパラダイスの中心にやっとできた5星クラスホテルです。できて3年たちましたね。

でもヒルトンといっても純粋なホテルではないのでは?半分以上がアパートメントタイプ、いわゆる居住用のマンション(コンドミニアム)のお部屋となっております。

建物は二つのタワーから成り立っています。

30階建てのタワー1(ブールバードタワー)、55階建てのタワー2(オーキッドタワー)。
ホテルルームはタワー2の15階までとなっています。
その他はすべてアパートメントタイプのお部屋になります。

ホテルルームは、カテゴリーによって階数やビューが異なっています。

ゲストルーム(山側、3-6階)
デラックスルーム(海側、6-11階、バルコニーあり)
エグゼクティブルーム(12-15階、バルコニーリクエスト、エグゼクティブラウンジ利用可)
リラクゼーションルーム(4-15階、海側、広い、エグゼクティブラウンジ利用可)
リラクゼーションスイート(4-15階、海側、バルコニーあり、エグゼクティブラウンジ利用可)

バスタブはある部屋とない部屋があります。
ベッドタイプはツインかキングになります。
WIFIは現在有料で接続可能です。
ミニバー完備です。
全館禁煙となります。

アパートメントタイプはタワー1とタワー2(16階以上)になります。

1ベッドルーム(山側、バルコニーあり)
2ベッドルームデラックス(山側、バルコニーあり)
2ベッドルームデラックスオーシャン(海側、バルコニーあり)
2ベッドルームスカイ(33階以上)
3ベッドルームオーシャン(バルコニーあり)
4ベッドルームオーシャン(バルコニーあり)

バスタブは1ベッドはある部屋とない部屋があります。
2ベッドルーム以上はすべてあります。
ベッドタイプはツインかキングになります。

WIFIは現在有料で接続可能です。
キッチン、ランドリー設備はお部屋にあります。
ミニバー完備です。
全館禁煙となります。

その他ホテルの施設ですが、さすがワールドワイドのヒルトンです。
ハイクオリティーの施設がそろっています。

メインレストランは SALT GRILL
朝食(バッフェ)、夕食(アラカルト)、ランチは金曜のみ
FIX COCKTAIL BAR おしゃれなバーです。
THE FOOD STORE ロビーにあるコーヒーショップ、軽食もあります。

プールは全部で4箇所、1箇所は屋内、プールバーもあります。

EFOREA SPA スパ、ジムもあります。

ヒルトンのローケーションはサーファーズパラダイスの街の中心で、ライトレールのカビルアベニュー駅は目の前です。ヒルトンの横の通りは新しい飲食店街が作られており、2014年9月現在一部工事中ですが、これからどんどん出店が予想されにぎやかになっていくと思います。

ビーチにはホテルをでてまっすぐカビルモールを突き抜けていけば目の前です。

ホテルのロビーエリアはもともと居住用マンションを意識して設計されたのかわかりませんが、多少のせまさを感じますが、洗練されており、エレベーターもタワー2では8基あり、ストレスを感じさせません。日本人スタッフも常駐しています。

ヒルトンのモダンなアパートメントタイプ。スターシェフのレストランも入ってます。

  • 有名人ご用達

サーファーズパラダイスの繁華街、オーキッドアベニューにあるヒルトンのレジデンシー。
とにかく立地が最高でどこに行くにも至近距離。ビーチまではワンブロックです。

スタンダードのお部屋は2ベッドルームか3ベッドルーム、リビングとキッチン付きでバスルームが2つあります。
2011年オープンでまだ新しく、内装は都会的なモダンスタイル。 
お部屋はそれほど大きくありませんが、全室バルコニーもついていて開放感があります。

ここのヒルトンは高級レジデンス風で、いわゆる”ヒルトンホテル”とはすこし趣が異なりますが、
ロビーもとてもコンパクトなつくりになっており、デザインも白とグレーを基調にしたシンプルさ。
ベッドメイキングやお掃除も軽め(笑)で、滞在型の宿泊サービスといったかんじです。

といってもオーシャビューのお部屋の眺望は素晴しいですし、枕の固さを選べたりというサービスもあります。
2階にはセレブシェフ、ルーク・マンガンのレストラン「ソルトグリル」があり、
シェフこだわりのモダンオーストラリア料理がいただけます。
日本人のソムリエの方も常駐しているので、ワインについて詳しく説明してもらえます。

その隣の「フィックスバー」は都会的なバーで週末はすこしクラブ風になります。
そして1階「フードストア」のカフェ、ここではWifi無料でなにかと便利です
(オーストラリアのホテルはあまり無料Wifiはありません)。
プールは屋外と屋内に2箇所、ジャグジーもあり、
併設されているアーケードには、カジュアルなレストランやブティックも入っています。

この通りはナイトスポット街でもあるので、夜はすこし騒がしいかもしれません。
この立地のよさと、ヒルトンで2ベッドルーム、3ベッドルームに滞在する贅沢さを楽しみたいところです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。