1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ペナン(マレーシア)グルメ
  5. プルット ルーマー ニョニャ クイジンの現地クチコミ

ペナン (マレーシア) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Perut Rumah Nyonya Cuisine プルット ルーマー ニョニャ クイジン

本格的ニョニャ料理 プラナカン文化を感じれるお店

  • ニョニャ料理がおいしい
  • 定番人気

他の写真も見る(全12枚)

2015年6月にガーニーエリアからジョージタウンエリアに引越したニョニャ料理で有名なお店「プルット・ルーマ」。
お店の名前は、プルットは「胃」でルーマは「家」という意味なんですよ。
ニョニャ料理とは、昔、中華系の移民男性とマレー人女性の結婚により、プラナカン文化が生まれました。その混血から生まれた女性をニョニャと呼び、ニョニャがババに作るマレーシアと中華をあわせた料理となっています。
見た目は中華なのに、味は独特のスパイスを利かせているので、目で楽しんだあと、味に驚かされると2段階で楽しめちゃうお料理になっています。
特に有名な前菜のパイティ(Paiti)(RM3.9)はお薦め。パリッとしたパイのような生地の中に、大根や人参などのお野菜の炒め物が入っていて、3つのソースで味わいます。特に美味しいのは、サンバルブラッチャというエビミソベースのピリ辛ソース。ちょっとつけるだけでも、エビの香りが口の中に広がり、また、お野菜との相性もばっちり。その後の生地のパリパリ感がなんとも美味しいです。前菜料理となってます。
あとは、オタオタや、切干大根をレタスに包んで食べる(JIU HU CHAR)もお薦め。メニューには、お薦め料理にマークが付いてるのと、写真も掲載されているので、初めての方でも注文がしやくす、また、お薦めは?と店員さんに聞いても、これとこれと、これね!なんて優しく教えてくれますので、ぜひ聞いてみてください。料理のお値段もリーズナブルな価格となっているので、大人3人でRM100くらい目安で結構食べれるのではないでしょうか。
店内には、アンティークなニョニャ食器がお洒落に飾られていて、ついつい見惚れてしまう綺麗さ。つかの間のプラナカン文化を味わえる空間となっています。メニュー以外の写真撮影はOKです。また、チャイニーズニューイヤー前に行くと、ニョニャ衣装をモチーフにしたアンパン(日本で言う、お年玉袋)が貰えることも。
場所は、ペナンプラザとホテルローヤルの裏手のところに位置していますので、タクシー等で行かれる際は、JALAN  BAWASAH(ジャラン バワサ)と通りの名前を言えばわかります。コムターからでも1.2kmと歩いてでもいける距離となってます。 

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。