1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ペナン(マレーシア)グルメ
  5. チョウシュウ チェンドル(ペナン通り店)の現地クチコミ
ペナン (マレーシア) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Teochew Chendul(Penang Road) チョウシュウ チェンドル(ペナン通り店)

ペナンの裏路地で甘くて冷たいチェンドルをどうぞ!

  • スイーツがおいしい
  • 穴場

1936年にオープンした80年も続く、ペナンで一番おいしいと言われているチェンドル屋さんです。ペナン大通りをコムター(ジョージタウンで一番高い丸いビル)の方向に真っ直ぐ歩き、コムター近くの大きな交差点に差し掛かる手前で路地を左に入ったところにあります。

チェンドルとは、マレーシアの伝統的なスイーツで、かき氷の上に甘く煮た小豆と、パンダンというタコノキ科の植物で緑に色付けされた細長いゼリーを載せ、ココナッツミルクとグラムラカ(ヤシの木から取れる黒砂糖、パームシュガー)のシロップをかけたものです。一見ニョロニョロとしたゼリーが気持ち悪いと思うかもしれませんが、このゼリーには全く味は無く、つるっとした食感です。ココナッツミルクとグラムラカの相性は抜群で、小豆の食感がいいアクセントになっています。かなり甘いのですが、暑いペナンで食べると、この冷たくて甘いデザートは最高です。小豆と黒砂糖ですから日本人の口にも合います。

土日はいつも行列ができていますし、平日でもお昼前後を中心にたくさんの人が訪れます。しかし、店員さんは神業のようなスピードでチェンドルを作りますので、あまり待たずに食べられます。ビニール袋に入れてもらって持ち帰ることもできます。
ゆっくり食べたい人は、ガーニーパラゴンモールのフードコートにも支店があります。しかし、風情のあるペナンの裏道で、屋台で買ったチェンドルを立ち食いするのも悪くありません。アジアに来た!ペナンに来た!とう実感が湧いてきます。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。