1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シンガポールグルメ
  5. NG AH SIO Bak Kut Teh(ラングーン ロード店)の現地クチコミ
シンガポール グルメの現地クチコミ

Ng Ah Sio Bak Kut Teh(Rangoon Road Store) NG AH SIO Bak Kut Teh(ラングーン ロード店)

Y.K (メディア・コーディネーター)

老舗の食堂で味わう、シンガポーリアンのスタミナ朝食・バクテ

  • バクテーがおいしい
  • 地元っ子に人気

バクテは、漢字で表記すると肉骨茶。つまり骨付きのポークを煮込んだ、滋養たっぷりのスープ。

これはまだ、シンガポールが発展途上にあったころ、肉体労働者たちの典型的な朝食だったようです。
一日の初めに栄養をつけて、仕事に出かけていったのでしょう。

スープには、ご飯や他の肉料理、野菜炒めやピクルスなどを付けて、定食風にいただくのもなかなか。
市内には、バクテの古い食堂がいくつかあり、ンー・アー・ショーもそのひとつ。

ここのスープの特徴は、コショウが効いていることと、
丸ごと入っているニンニクも、そのまま美味しく食べられること。

肉は、骨付きのスペアリブ、または骨なし、または両方のミックスから選べます。

朝早くから営業しているバクテの食堂。そこには、開拓時代の活気がみなぎっていて、
地元の人にまじって汗を流しながらバクテを飲むと、元気が出てきます。

ンー・アー・ショーの本店は、インド人街を少し外れたところにありますが、
このあたりは再開発が進んで、こうした老舗食堂以外に、新しいタイプのカフェなどもできて、
新旧のシンガポールの町並みが見られます。

バクテのスープの素は、店頭販売されているので、お土産に持って帰れるのもうれしいです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。