1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シドニー(オーストラリア)ホテル
  5. ザ フラートンホテル シドニーの現地クチコミ
シドニー (オーストラリア) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

The Fullerton Hotel Sydney ザ フラートンホテル シドニー

平野 美紀 (トラベルジャーナリスト)

歴史と近代が融合した優雅なホテルは、地元で人気のグルメ・スポット

  • ガイドの超イチオシ!

どこへ行くにも便利なシドニー中心部のマーティン・プレイスに面した、昔の旧中央郵便局(GPO)を利用したホテルです。外観はそのままに、内部はモダンで快適な近代建築の5ツ星ホテルとなっています。

マーティン・プレイスには、19世紀の建物が数多く残り、中でも、GPOの時計台は、シドニーのシンボルのひとつとして、市民からも親しまれています。その前に立つと、19世紀のまま、時が止まったような錯覚に陥るほどです。

客室は、すっきりとした感じのモダンなインテリアでまとめられており、バスルームは大きなガラスを使ったどこか宇宙的なデザインで、基本的にすべてバスタブ付きです。クラシックな趣の外観とモダンで洗練されたデザインの客室が醸し出す、なんともいえない優雅さがこのホテルの特徴です。

大きなベッドが入っているため、一番安いクラスの部屋だと少々狭く感じるかもしれませんが、窓から時計台が見える客室や、旧郵便局長室を利用した広々としたスイートもありますので、ここでしかできない宿泊体験ができる客室をチョイスするのもおすすめ。

また、GPOは、地元でも人気のグルメ・スポット。マーティン・プレイスに面した一階部分には、ヨーロッパの町に彷徨いこんでしまったかのような小粋なレストランがあったり、採光たっぷりの明るい吹き抜けには、ランチ・スポットとしても人気のレストランやカフェ・バーがあり、さらに、地下にもレストランやカフェ、バーがたくさん!なんと、15以上もの飲食店が館内にありますので、グルメな人にはたまらない魅力。

カップルやお友達同士はもちろん、大変便利な場所にありますので、ビジネスにもおすすめのホテルです。

※2019年10月18日より「ウェスティン・シドニー」は「フラトン・ホテル・シドニー」にリブランドしております。写真、記事については「ザ ウェスティン シドニー」名称時のものとなります。

HAMAYA (トラベルコンシェルジュ)

至福のホテルライフを堪能したいかたに

  • ガイドの超イチオシ!
  • 有名人ご用達

金融街と高級ブティック街であるマーティンプレイスの象徴的存在ザウェスティンシドニーは、1874年建築の中央郵便局(GPO)ビルを修復保存し、ホテルのロビーラウンジとして使用しています。美しいルネッサンス様式の外観だけでなく、ガラス天井のアトリアムによりその魅力的な歴史的建造物の内部もホテルのロビー、レストラン、ボールルームから鑑賞できます。

宿泊はTower RoomsとHeritage Roomsで選べます。Heritage Roomsは歴史的建物部分にあり、天井が高く窓からのアトリアムの風景が幻想的です。Tower Roomは床から天井までのガラス窓からGPOの時計台を見降ろせ、オーストラアのエリートカンパニーの働く姿も眺められます。

もちろんお部屋の仕様の特徴は世界共通の「ウェスティン・ヘブンリーベッド」と「ヘブンリーシャワー」。観光やお仕事の疲れを気持ちよく癒してくれます。現在(2014年9月)は「ウェスティン・ワークアウト」として滞在中に運動靴とウェアを貸してくれます(有料)。靴下は新品でお持ち帰りができます。ホテルのジムで利用できるだけでなく、ホテル周辺のおすすめウォーキング/ジョギングマップをコンシェルジュでもらえば、観光しながら健康維持ができますよ。

グッドライフヘルスクラブでは心地よく過ごせるプール、ジム、ヨガやボクシング等のクラスレッスンも利用できます。 In-Room Spaは宿泊客ならではのお部屋で贅沢にくつろげる方法の一つです。

メインダイニングルームのMOSAICレストランでは健康的でフレッシュな朝食のバイキングが楽しめます。ラウンジのThe Barでは帰路の心配なくカクテルやワインを堪能できます。

当ホテルは場所柄、国内外のセレブ達がよく利用しています。素敵なバンケットルームが複数あるので記者会見やパーティーが開催されているようです。セレブ御用達のホテルですが、ホテルスタッフは観光客にもビジネスマンにも大変フレンドリーです。

☆TIPS☆
施設、サービス、立地、清潔感どれもすばらしいです。
もちろん日本人語が話せるスタッフがいます。

※2019年10月18日より「ウェスティン・シドニー」は「フラトン・ホテル・シドニー」にリブランドしております。写真、記事については「ザ ウェスティン シドニー」名称時のものとなります。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。