1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ウランバートル(モンゴル)ショッピング・お土産・買い物
  5. ナラントール マーケットの現地クチコミ
ウランバートル (モンゴル) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(2人)詳細

Naran Tuul Market ナラントール マーケット

山本 千夏 (モンゴル語通訳コーディネーター、遊牧民企業家)

何でもそろうナラントール市場

  • いろいろ買えておすすめ
  • 定番人気

モンゴル国内最大の露天市場「ナラントール」。
日用品から頭のてっぺんから足のつま先にいたるまでの衣類・装飾品・生活用品から遊牧民の移動式住居「ゲル」のパーツ、馬具、工具などモンゴルの日常生活で必要なものはこの市場に来れば全て調達することができます。

私のお気に入りは、北ブロックの真ん中あたりに位置する馬具コーナーとモンゴルの伝統的な木製家具、アンティークのコーナーです。
手作りの木彫り細工が施されたバケツ(50000MNT)やチーズを作る型(15000MNT)、お土産用のミニチュアの生活用具が1000円足らずで売っています。まとめ買いをすると1-2割の値引き交渉も可。
馬具は出来あいのものもありますが、モンゴル人は、鞍などは自分で好きなようにカスタマイズするため、いろんなパーツが小売されています。

最近、なぜか人気職業になりつつある「シャーマン(精霊との交霊をしてお告げを告げるスピリチュアルな職業)」のための小道具や衣装用のパーツなども品数豊富に販売されています。
プロのシャーマンになるために全部を揃えようとすると、日本円でも10万円弱くらいするようですが、衣装につけるミニチュアの弓矢や槍、刀などは、ひとつ1000TG(70円弱)くらいから売っています。
社会主義時代のお役人さんや議員さんの公務室のデスクに飾ってあったようなレーニンの胸像などレトロなアンティークが150,000MNTくらいで売っていたり、「日本軍将校の軍刀」なども売っています(国外持ち出しは銃刀法の関係でできないのでご注意ください)。

モンゴルの民族衣装デールも布地を買うとその場で採寸してくれて、2-3日でオーダーメイドのデールを作ってくれるサービスもあります。(女性用の布地は無地で4Mくらい、模様がある場合は模様合わせをするので6-7Mくらい。60,000MNTくらい~。縫製代は90,000~140,000MNTくらい。街の生地屋さんの仕立てサービスよりはやや割安。ただし、細かいデザインの指定はできず、デザインはおまかせになります)

値切り交渉ですが、アラビア諸国や東南アジアのように大幅値下げはできませんが、最初にきいた「言い値」から、大体高額商品(10万MNT以上)のものだと1-2万MNT、5万MNT程度で端数の1000-5,000MNTが切り下げられます。
3-5個以上同じ店で購入する場合は、値切り交渉も面白くできますので、できるだけたくさん買ってあげてくださいね。

【関連情報】

所在地;ウランバートル市バヤンズルフ区第14ホロー ナラントールザハ

定休日;火曜日 (7月11-13日のナーダム、旧正月+2週間くらいが休業)
営業時間;10:00-20:00(ただし、天候や客足によって店じまいが早くなることもよくある。冬は19:00頃閉鎖)

UB Walker (フリーライター&海外ボランティア現地コーディネーター)

ウランバートル最大の青空市場ナラントゥール・ザハ(市場)でお買い物

  • いろいろ買えておすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 地元っ子に人気

ウランバートルには、立派なデパートから街角のスーパーマーケットまで、便利でおしゃれなショッピングスポットがそろっていますが、モンゴル庶民の実際の生活を支えているのは、やはりザハ(市場)です。

ナラントゥール・ザハは、食器やふとん、洋服にブーツ、モンゴルゲルなどの遊牧民グッズまで、モンゴル生活のありとあらゆる品揃えを誇る、ウランバートル最大規模の市場です。ケンピンスキーホテルから南に1キロほど下がった、ナルニーザムという道路沿いにあります。

遊園地の入り口のような正面の緑の門をくぐって市場に入ります。何度行っても迷ってしまうくらいにだだっ広いこのザハ、ほとんどの部分が青空市場です。-30度の真冬でもこの状態で売り買いしてるって、スゴいですよね。とても人間ワザとは思えませんが、彼らにとってはいたって普通の日常の一コマ。

遊牧生活に必要なゲルや馬具、モンゴルデールはもちろん、デールを作るカラフルな布地、チンギスハンや馬の絵のじゅうたん、革製品、毛糸の帽子やマフラーなど、ありとあらゆるものが売られていて、買い物をしなくてもモンゴル人の生活を垣間見るにはうってつけの場所です。

市場で売られているものは値段が書いてなく、これいくら?と店員に聞かなければなりません。モンゴル語ができないとぼったくられてしまう可能性あり。スリもうようよいるのでくれぐれもご注意ください。営業時間は太陽光と連動しますが、朝11時から夕方5時前までに行くのが良いでしょう。火曜日定休。クレジットカードはもちろん不可。

  • ジャンル
    市場
  • エリア
    ウランバートル
  • 住所
  • アクセス
    チンギスハーン広場から車で約20分
  • 営業時間
    [水-月]10:00-20:00(不定)
  • 定休日
    火曜日(不定)
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。