1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ウィーン(オーストリア)観光地
  5. 聖ミヒャエル教会の現地クチコミ
ウィーン (オーストリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Church of St. Michael 聖ミヒャエル教会

バレンタ 愛 (旅行会社勤務、フリーフォトライター)

13世紀からの歴史を誇り、ウィーンで一番大きなバロックパイプオルガンがある教会

  • 観光おすすめ
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

13世紀からの歴史を誇る聖ミヒャエル教会は、世界遺産ウィーン1区の中心部、王宮への入り口のすぐ横にある「ミヒャエル広場」に面して建っています。ミヒャエル広場の真ん中にはローマ時代の遺跡があり、その周りが道路で囲まれています。車だけではなく観光用馬車の降車場もあり、美しい王宮のミヒャエル門と合わせてとても絵になる所です。

聖ミヒャエル教会の外観は比較的シンプルに見えますが、中に入ると歴史を感じることが出来るでしょう。教会への入場は無料です。教会内はミサの時間を除いて自由に見学出来るほか、ガイドツアーも開催されています。

16~17世紀に作られた地下納骨堂のガイドツアーは月~土(祝日を除く)の11:00と13:00開始で、大人7ユーロ。集合場所は教会の入り口です。他にも教会のガイドツアーやオルガンガイドツアーなどもありますが、希望する方は要問い合わせとなっています。

この教会にあるパイプオルガン「Sieber-Orgel」は、バロック音楽を演奏する為に1714年に製作されたもので、ウィーンでいちばん大きなバロックオルガンです。このパイプオルガンの音色が楽しめる「Orgel um 8」と題されたコンサートは、5月~9月の毎週土曜日20:00から開催されます。入場は無料ですが、10ユーロの寄付が求められています。

他にも様々なコンサートが開催されており、スケジュールはHPのカレンダーで確認することができますよ。

教会での対応言語/ガイドツアーはドイツ語と英語、教会内のパンフレットには見どころや歴史などが記載されている日本語のパンフレットもあります。

2019/01訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。