1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. エアーワールドさんのブログ
  5. スキー・スノボ記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: 北米 > カナダ の他のブログはこちら|

エアーワールドのブログ

〜スタッフからの最新情報盛り沢山〜

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー

11月<2017年12月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

ジャスパー
ジャスパー国立公園
エリア:
  • 北米>カナダ>ジャスパー
テーマ:観光地 スキー・スノボ 動物 
投稿日:2010/03/31 11:45
コメント(2)
ジャスパー国立公園の中にある小さな町ジャスパーが大好きです。

<その1>
町からイエローヘッド・ハイウェイ(国道16号線)を東に4〜5キロでわき道を左に入り、北の方角に山が見える道路の路上駐車が、オーロラ観察と撮影のポイントです。

深夜にカメラをセットしていて、トランクに車のキーとカメラを入れたまま閉めてしまいました。

寒い夜道をとぼとぼと町まで歩いて帰る途中でオーロラが出始め、突如めったに見られない【オーロラ爆発】と呼ばれる空が割れるような「シュパッ・シュパッ」という音が聞こえるような錯覚がして、北の空から無数の光が私の頭上に飛んできました。 『ラッキー!』???

オーロラ

翌朝、車屋さんが 『ドアのロックは?』 『していません』 『それなら簡単』車に着くと彼は後部座席を倒してトランクの中のキーを取り出しました。 『はい、お代は50ドル頂きます』
(スキーなどの長い物が積めるように、トランクルームと座席が続いている)

<その2>
カナダの雪は走り易いので、つい油断をして深夜にわき道に入って立ち往生。

寒い夜道をとぼとぼと歩いて帰って翌朝、レッカー車の太った爺さんが『これは馬の通る道だ!なんでこんな道に入ったのか?』と、プンプン怒って小言を言い続けて作業をしています。

代金の90ドルにチップを乗せて100ドルを払う時に 『へまをやる者がいるからこそ、お前の仕事があるのじゃないか?』 と私 『それもそうだナ〜』 と爺さんにっこり。

<その3>
ジャスパーには【マーモット・ベースン】という、カナダ最高の雪質を誇るスキー場があります。

前の年にスキー場開きは毎年12月1日と聞いたので、翌年の12月の第1週に行きました。
ジャスパーに着くと雪は無く 『スキー場の事は、お天気と雪に聞いて下さい』

レイクルイーズ

レイクルイーズ1か所だけ人工雪で滑れることが分り、片道200キロの道を3日間通いました。

<その4>
ジャスパー国立公園では、野生の動物(エルク・ビッグホーンシープ・ムース・マウンテンゴート・ブラックベアー・コヨーテなど)を多く見ることができます。

【ヘラジカのお母さん】
ヘラジカの雌

深夜に出没する連中が多いので、強力ライトを持って車でわき道を探索するのが面白いです。
(特に冬の前には栄養を付けるための動物が多く活動しています)

町からそんなに遠くない国道のわき道に入ると、約83.2キロの【ブラックベアー】が1頭、道のそばで野イチゴか何かの実らしきものを、むさぼるように食っていました。

【ブラックベアー】
クマ

車を止めてライトを当てても何食わぬ顔で食い続け、食事を終えた彼(彼女)は堂々した足取りで、振り向きもせずに森の中へ帰って行きました。

『もう少しいて欲しかったの?』 『俺も男だ!去る者は追わない!未練心は無い!』

レイクルイーズ
カナダのゲレンデを独り占め
エリア:
  • 北米>カナダ>バンフ
  • 北米>カナダ>レイク ルイーズ
テーマ:スキー・スノボ 
投稿日:2010/03/17 18:50
コメント(0)
カナディアンロッキーのスキー場では、リフトの待ち時間はほとんど有りません。

【レイクルイーズ】地球は丸いので間違いなくここが世界の一番高いところ(TOP)です。
トップオブザワールド

【レイクルイーズ】と【サンシャインビレッジ】がお勧めで、どちらもコースは長くリフトの数も多いので、1日に1回も同じコースを滑らないような滑り方が出来ます。

【レイクルイーズ】
レイクルイーズ

日本の雪は気温が低い高山でも、日本海の上空を風が渡って来るときに多くの湿気を抱え込み湿った重い雪になるのだそうですが、ロッキーの雪は正真正銘のパウダースノーです。

バンフかキャンモアかレイクルイーズで宿泊して、スキー場まではシャトルバスかレンタカーを使います。(乗用車でもスキーが積めるように後部座席を倒せばトランクルームに続きます)

【レイクルイーズ】ほとんど貸し切り状態です。
スキーヤーはまばら

【レイクルイーズのロッジ】
レイクルーズロッジ

【サンシャインビレッジ】私のためだけにあるスキー場かも
サンシャイン

【サンシャインビレッジ】営業中なの?
営業中

【ウィスラー】でもスキーヤーはまばら
まばらスキー

スノーボーダーよりもスキーヤーの方が多く、スノボーでも日本のようにゲレンデの真ん中で座っている人は少なく、スラロームでダイナミックに滑っている人が多いです。

シニアスキーヤー

【ここでお知らせです・・・リフト券のシニア割引は65歳からです】

1 - 2件目まで(2件中)

▲ このページのトップへ