1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 北米
  4. カナダ
  5. 鑑賞・観戦
  6. オーロラ(ノーザンライツ)を撮ろう

エアーワールドのブログ

~スタッフからの最新情報盛り沢山~

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

オーロラ(ノーザンライツ)を撮ろう

2010/03/05 17:08
オーロラ
エリア:
  • 北米 > カナダ > イエローナイフ
  • 北米 > カナダ > ホワイトホース
  • 北米 > カナダ > フォートマクアレー
テーマ:
  • 鑑賞・観戦
  • / 自然・植物
北極光【ノーザンライツ】と呼ばれるオーロラは、年間を通じて250日以上も出るようで夏でも見る事が出来ますが、夜の時間が長い秋分から春分にかけてが観察に適しています。

カナダやアラスカでは地図上に示された【オーロラオーバル】と言われる楕円形の中で多く見られ、晴れていて上空に雲がないことが条件になります。

オーロラ

気温が低いとバッテリーの効率が落ちるので、デジカメやバッテリーでシャッターなどが動くカメラより、手動巻き上げでばね式シャッターの40〜50年前の一眼レフカメラが最適です。

【フィルムはASA800・レンズはF2前後・ピントは無限円・シャッターは5〜15秒間開放】

三脚にカメラとレリーズをセットをして、ひたすら北の空の北極星周辺を見上げで待ちます。

【小さい三脚を使用したために強風でカメラがぶれた失敗作】
オーロラ

出てきたオーロラの明るさに応じて【シャッターを何秒間解放するか】が撮影の最も重要なテクニックで、ゆらゆらと揺れるオーロラを1枚のネガに数秒間焼き付けることで、肉眼で見るよりも写真の方が数段きれいなのです。

デジカメを使う場合は、最低でもアナログ換算で28mmの広角レンズで夜間モードで5秒以上20秒間シャッターを解放することが出来るバルブ機能があるカメラと、比較的暖かい季節は別として、冬季はバッテリーを温めるための使い捨てカイロが必要です。

木立のシルエット・湖・山・三日月・星・山小屋の灯などを入れて臨場感が出せれば満点です。
  • この記事が参考になった人(27)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • 3日間泊まったら97パーセントの確率でオーロラが見られるとのうたい文句を信じてカナダへ行ったことがあります。結果は3パーセントの見られないほうでした。世の中ついてないときはどうしようもないけど、あんなに苦労したのに残念でなりません。 Posted by 運の悪雄 【2010/04/17 10:12:00】
  • オーロラは女の神様「オーロラ姫」なので、あまりにも美しい女性を同行したときは嫉妬の余り出てこなくて、あまりにも不細工な男の場合には嫌気がさして姿を現してくれないのだそうです。 Posted by にゃんこ 【2010/04/18 22:11:00】
  • 友人がデジカメの高級機を使って氷点下のオーロラ撮影に挑みましたが、結果的にはバッテリーの能力が落ちてカメラが動かなかったそうです。
    ロッジの中で温めておいてバッテリーが冷えるまでにあわてて数枚撮っては来ましたが、うまくいかなかったようです。 Posted by エアーワールド 【2012/01/12 18:25:53】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。