1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. エアーワールドさんのブログ
  5. 動物記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > フィリピン の他のブログはこちら|

エアーワールドのブログ

〜スタッフからの最新情報盛り沢山〜

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー

11月<2017年12月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 5件目まで(6件中)

クマノミ
ボホール島からバリカサグやカビラオへ
エリア:
  • アジア>フィリピン>ボホール島
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 動物 
投稿日:2011/03/28 19:14
コメント(1)
ボホールはダイバーの憧れである【バリカサグ】や【カビラオ】へのダイビング基地で、
マニラから航空機で1時間15分、セブ島からは高速艇で1時間または1時間半です。

日本人常駐の【グッドダイブショップ】が高級リゾート【ボホールトロピックス】内にあります。
ホテルロビー

リゾートホテルのプールはいつも貸し切り状態です。
プール

海側にある【グッドダイブショップ】はホテル敷地内のここから階段を下りて行きます。
ホテルの部屋からショップまで【ダイビング器材自動運搬機】が常時活躍しています。
ショップ入口

ダイブショップの船着き場に停泊中の【バンカーボート】と呼ばれるダイビングボート。
アウトリガー付きで安定性があるので見た目よりも思ったよりも快適なダイビングができます。
バンカボート

ダイビングの目玉【ギンガメアジ】の魚影はこの程度です。
ギンガメ

近くで見ると美味しそうですね〜。
ギンガメアップ

“アバサー汁”が美味しそう。(アバサー汁で検索してみてくださいね〜)
アバサー

美味しそうな名前の【チョコレートヒル】はボホール島の観光の目玉で、
乾季は草が枯れて茶色いチョコレートのようなのでこの名がつきました。
チョコレートヒル

チョコレートヒルの道中で観光の目玉【ターシャ】と呼ばれる【フィリピンメガネザル】
世界最小級のメガネザルで、目玉焼きのような目をしていますが食べられません。
ターシャ

ボホール島にはこの他にも日本のムササビやモモンガのように、前肢と後肢の間にある被膜を広げて木から木へと滑空ができる【フィリピンヒヨケザル】という珍しい原猿類が棲んでいます。

(Photo by good dive shop)

ジャスパー
ジャスパー国立公園
エリア:
  • 北米>カナダ>ジャスパー
テーマ:観光地 スキー・スノボ 動物 
投稿日:2010/03/31 11:45
コメント(2)
ジャスパー国立公園の中にある小さな町ジャスパーが大好きです。

<その1>
町からイエローヘッド・ハイウェイ(国道16号線)を東に4〜5キロでわき道を左に入り、北の方角に山が見える道路の路上駐車が、オーロラ観察と撮影のポイントです。

深夜にカメラをセットしていて、トランクに車のキーとカメラを入れたまま閉めてしまいました。

寒い夜道をとぼとぼと町まで歩いて帰る途中でオーロラが出始め、突如めったに見られない【オーロラ爆発】と呼ばれる空が割れるような「シュパッ・シュパッ」という音が聞こえるような錯覚がして、北の空から無数の光が私の頭上に飛んできました。 『ラッキー!』???

オーロラ

翌朝、車屋さんが 『ドアのロックは?』 『していません』 『それなら簡単』車に着くと彼は後部座席を倒してトランクの中のキーを取り出しました。 『はい、お代は50ドル頂きます』
(スキーなどの長い物が積めるように、トランクルームと座席が続いている)

<その2>
カナダの雪は走り易いので、つい油断をして深夜にわき道に入って立ち往生。

寒い夜道をとぼとぼと歩いて帰って翌朝、レッカー車の太った爺さんが『これは馬の通る道だ!なんでこんな道に入ったのか?』と、プンプン怒って小言を言い続けて作業をしています。

代金の90ドルにチップを乗せて100ドルを払う時に 『へまをやる者がいるからこそ、お前の仕事があるのじゃないか?』 と私 『それもそうだナ〜』 と爺さんにっこり。

<その3>
ジャスパーには【マーモット・ベースン】という、カナダ最高の雪質を誇るスキー場があります。

前の年にスキー場開きは毎年12月1日と聞いたので、翌年の12月の第1週に行きました。
ジャスパーに着くと雪は無く 『スキー場の事は、お天気と雪に聞いて下さい』

レイクルイーズ

レイクルイーズ1か所だけ人工雪で滑れることが分り、片道200キロの道を3日間通いました。

<その4>
ジャスパー国立公園では、野生の動物(エルク・ビッグホーンシープ・ムース・マウンテンゴート・ブラックベアー・コヨーテなど)を多く見ることができます。

【ヘラジカのお母さん】
ヘラジカの雌

深夜に出没する連中が多いので、強力ライトを持って車でわき道を探索するのが面白いです。
(特に冬の前には栄養を付けるための動物が多く活動しています)

町からそんなに遠くない国道のわき道に入ると、約83.2キロの【ブラックベアー】が1頭、道のそばで野イチゴか何かの実らしきものを、むさぼるように食っていました。

【ブラックベアー】
クマ

車を止めてライトを当てても何食わぬ顔で食い続け、食事を終えた彼(彼女)は堂々した足取りで、振り向きもせずに森の中へ帰って行きました。

『もう少しいて欲しかったの?』 『俺も男だ!去る者は追わない!未練心は無い!』

象の水浴
スリランカのサファリ
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
  • アジア>スリランカ>ヤーラ国立公園
テーマ:世界遺産 自然・植物 動物 
投稿日:2010/03/24 12:46
コメント(0)
多くの世界遺産があり国の名前が【光り輝く島】を意味する【スリランカ】インドの南のインド洋に浮んだ小さなセイロン島が、この国の全土です。

スリランカ

国民の多くを占めるシンハラ人とインド本土から来た少数民族のタミル人との長い民族対立は、2009年5月に【タミル・イーラム解放のトラ】が敗北宣言を出して一応の終結となりました。

スリランカ

熱帯性気候の豊富な動植物は、国立公園やサンクチュアリとして大切に保護されています。

野生のスリランカ象が300頭以上も生息している【ヤーラ国立公園】は、公園入り口から30分の距離のホテルに宿泊して、早朝から日帰りの動物観察をすることも出来ます。

野生の象

お勧めは、公園内にあるキャンプ地のテントで眠り、静かな夜の闇が白々と明ける日の出前から、森の何処からともなく聞こえてくる動物や鳥類の声が「控えめに始まり、お互いを呼び合うように増えてきて、そして急激にけたたましくなってくる」のを体感できるのが醍醐味です。

動物の水場の近くに公園内の道路が通っていますので、公園レンジャーの4WDに乗って、象や水牛の群れ、多くの種類の猿類や鳥類を容易に観察することが出来ます。

スリランカ海岸

カレーの大好きな人には最高ですが、少し心配になって『料理は毎回カレーですか?』と尋ねると、キャンプの調理人から『心配いりませ〜ん!今夜は肉のカレー、朝食は野菜のカレーで昼食は魚のカレーをご用意してあります』と、ご配慮のある有難い答えが返ってきました。

(Photo by Fumika Kikuchi)

ポカラ
ネーパールのお勧めバードウォッチング
エリア:
  • アジア>ネパール>ポカラ
テーマ:観光地 世界遺産 動物 
投稿日:2010/03/19 17:59
コメント(0)
ネパールはバードウォッチングや撮影の好きな人にとっては、たまらない野鳥の宝庫です。

【定期便の航空機から見たエベレスト山】
エベレスト

【ヒマラヤ山脈のふもとの町】のイメージが強いために、寒い国のように思われがちですが亜熱帯気候なので、ブーゲンビリアやハイビスカスの花が咲き誇っています。

余りにも野鳥が多いので、私のような素人目には世の中のありとあらゆる種類の野鳥が、ここに集結しているのではないかと思ってしまうほどです。
(猛禽類・水鳥類・野禽類・小鳥類)と多くの種類の野鳥を見ることができる野鳥天国です。

ネパール

アンナプルナ峰やマチャプチュレを望む、湖のある町【ポカラ】では、日の出の時刻にはビックリするほど多くの野鳥が、一斉に飛んで来るのをホテルから見ることが出来ました。

【ポカラの街から見たアンナプルナ4(7,525m)左とアンナプルナ2(7,937m)左
アンナプルナ

太陽があがると、あれほどに大声で鳴きながら飛んでいた多くの野鳥達が何処に行ってしまったのかと不思議ですが、本格的なバードウオッチングは湖の岸辺を回るコースが一般的です。

【エベレスト山遊覧飛行のコックピットから】スライドショー
サガルマータ

内戦は終結しましたが、残念ながら未だ治安は回復していないので、都市間の移動は出来る限り航空機を利用するとともに、信用出来る現地旅行会社のガイドを使う事が賢明です。

クラゲ
パラオのジェリーフィッシュレイク
エリア:
  • ミクロネシア>パラオ共和国>パラオ(ベラウ)
テーマ:マリンスポーツ 動物 
投稿日:2010/03/18 14:08
コメント(0)
名前の通りの【くらげの湖】へは離島までボートで行って、小さな桟橋から少し坂道を歩きます。

【このクラゲたちは世界不思議発見にも出演しました】
水中映像

ちょうど良い塩加減の結構広い汽水湖の中には、ミズクラゲとタコクラゲの2種類のクラゲが、ひしめき合ってふわふわと浮かんでいる不思議な光景を見ることができます。

シュノーケルさえ出来る人であればダイバーでなくても問題ありませんし、10メートル防水のデジカメを持って行けば、何万匹ものクラゲが撮り放題です。

1 - 5件目まで(6件中)

▲ このページのトップへ