1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. バングラデシュ
  5. ダッカ
  6. その他
  7. はじめに

バングラデシュ観光案内所
プロフィール

ニックネーム:
ゆかりん
居住地:
アジア>バングラデシュ>ダッカ
性別:
女性
年代:
30代
自己紹介:
初めまして。

現在、JICAの青年海外協力隊として、バングラデシュ政府観光局において、バングラの魅力を伝えるための活動をしています。こちらへ来て、1年5カ月が経ちました。

バングラデシュは、観光・生活・文化などに関する日本語での情報発信があまりされていない国です。目にするのは、貧困や洪水などのネガティブなものばかり。そのため、あまり良いイメージを抱いていない方が多いのではないでしょうか。

しかし、住んでみるとオシャレなカフェやレストランがあったり、笑顔とエネルギーに満ちた人がたくさんいたり、色々な魅力があることに気づきます。そんな知られざるバングラの色々な面を、ブログを通じて伝えていけたらと思っています。

なお、ブログの画像はコピペできますが持ち出し厳禁です。ご使用の際は、管理人までご連絡下さい。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

はじめに

2011/12/08 21:16
子どもの笑顔2
エリア:
  • アジア > バングラデシュ > ダッカ
テーマ:
  • その他
初めまして。
去年の6月から、青年海外協力隊の観光業隊員としてバングラデシュに来ているYukari Majimaと申します。

私の配属先は、バングラデシュ政府観光局。ここで、バングラデシュの様々な魅力を伝えるための、広報活動を行っています。

バングラデシュと聞くと、「洪水」や「貧困」といったネガティブなものばかりが浮かびませんか?

それも確かに一つの側面ですが、本当はもっとたくさんの魅力と可能性を秘めている国なんです。

子どもの笑顔1

これからこのブログを通じて、現地に住んでいるからこそ分かるバングラの魅力を、みなさまにお伝えしていきたいと思います。


第一回目は、バングラの基本情報をお届けします!

国名:バングラデシュ人民共和国
言語:ベンガル語
※大都市、観光地では英語も通じる。
宗教:イスラム教徒が9割、その他ヒンドゥー教、キリスト教、仏教
首都:ダッカ
人口:推定1億6,000万人
※国土は北海道の約2倍です。想像すると、ものすごい人口密度!
時差:日本の時間マイナス3時間
※つまり、日本が正午の時、バングラは午前9時です。
通貨:タカ
※2011年12月現在、1タカ=1円です。500mlのペットボトルの水1本が15タカ程度です。


それでは、今後の現地情報、楽しみにしていて下さい♪

こちら(http://yaplog.jp/bangladeshu/)でも情報発信しています。
  • この記事が参考になった人(5)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。