1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 北米
  4. アメリカ西部
  5. ラスベガス
  6. ホテル・宿泊
  7. 来年シティセンターが新たなグルメ・スポットに

ラスベガス観光局
ラスベガス観光局日本語サイト
プロフィール

ニックネーム:
ラスベガス観光局
居住地:
東京都
会社名:
ラスベガス観光局
会社英字名:
Las Vegas Convention and Visitors Authority
会社所在地:
東京都
業種:
観光協会・観光局
自己紹介:
ラスベガス観光局は、レジャーおよびビジネス客にとってラスベガスが世界で最も魅力的なデスティネーションであることを訴求する目的で活動しています。
世界有数のエンターテイメントシティ、ラスベガスへは、2007年には3919万6761人の旅行者が訪問、新たな記録を打ち立てています。現在ラスベガスではストリップを中心に総額300億ドルを超えるプロジェクトが着工および計画中で、今後4〜5年の間に合計で約4万室の客室が加わる予定となっており、新たなリゾートを巡る話題には事欠きません。新規ホテルのオープンとともに、ショッピングやダイニング、ナイトショーにナイトクラブ、スパなど、最先端の施設が続々とデビューを果たしており、リピーターにとっても目新しい体験ができるスポットが豊富にそろっています。超一級のシティライフが待っているラスベガスでの休暇を、お楽しみ下さい。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

アーカイブ

来年シティセンターが新たなグルメ・スポットに

2008/10/20 11:35
ダイニング
エリア:
  • 北米 > アメリカ西部 > ラスベガス
テーマ:
  • ホテル・宿泊
  • / グルメ
2009年末にオープンを予定しているMGMミラージュの複合開発プロジェクト、シティセンターが、最先端のグルメ・スポットとして早くも話題を集めています。シティセンターの中核となる4000室のカジノホテル「アリア」に、著名シェフによるレストランが多数出店することが明らかとなったためで、グルメシティ、ラスベガスのダイニング・スポットの選択肢が今後さらに広がりそうです。一例を挙げると、シリオ・マッチーネの「シリオ」(イタリア料理)、マイケル・ミナの「アメリカン・フィッシュ」(アメリカ料理)、ジュリアン・セラノの「ジュリアン・セラノ」(スペイン料理)、ジャン・ジョルジュ・ヴォンヘリクテンの「ジャン・ジョルジュ・ステーキハウス」、ジャン・フィリップ・モーリーの「JPパティスリー」(ペストリー、サンドイッチ、デザート)などで、ライト・グループによる飲茶スタイルのコンセプトを採り入れた最新のアメリカ料理レストランも加わる計画となっています。

ラスベガス夜景3 さらにラスベガス初進出となる著名シェフの店舗として、マサヨシ・タカヤマのニューヨークの人気店「マサ」の姉妹店や、シカゴで3軒のレストランを手掛けるショーン・マックレーンの「セージ」も出店を発表しています。このほかにも、アリアには「ブロッサム」(中国料理)、「レモングラス」(タイ料理)、「カフェ・セントロ」(カジュアル・レストラン)、「ザ・バフェ」など各種レストランがデビューする予定です。
 詳細はwww.citicenter.comへ。
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない