1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ラスベガス観光局さん

  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

ラスベガス観光局

ラスベガス観光局日本語サイト
プロフィール

ニックネーム:
ラスベガス観光局
居住地:
東京都
会社名:
ラスベガス観光局
会社英字名:
Las Vegas Convention and Visitors Authority
会社所在地:
東京都
業種:
観光協会・観光局
自己紹介:
ラスベガス観光局は、レジャーおよびビジネス客にとってラスベガスが世界で最も魅力的なデスティネーションであることを訴求する目的で活動しています。
世界有数のエンターテイメントシティ、ラスベガスへは、2007年には3919万6761人の旅行者が訪問、新たな記録を打ち立てています。現在ラスベガスではストリップを中心に総額300億ドルを超えるプロジェクトが着工および計画中で、今後4〜5年の間に合計で約4万室の客室が加わる予定となっており、新たなリゾートを巡る話題には事欠きません。新規ホテルのオープンとともに、ショッピングやダイニング、ナイトショーにナイトクラブ、スパなど、最先端の施設が続々とデビューを果たしており、リピーターにとっても目新しい体験ができるスポットが豊富にそろっています。超一級のシティライフが待っているラスベガスでの休暇を、お楽しみ下さい。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(12件中)

ダイニング
スシ・サンバで人気のサンバ・ブランチがスタート
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:グルメ 
投稿日:2008/11/12 13:46
  ショップス・アット・パラッツォ内にあるスシ・サンバでは、毎週日曜限定で定評あるサンバ・ブランチをスタートしました。ブランチの営業時間は11時 30分から夕方4時までで、フレンチトーストやマフィン、各種卵料理といったコンチネンタル・スタイルから、シュラスコなどブラジル料理まで、多彩なメニューが用意されており、料金は大人22.95ドル、12歳未満の子供は12.95ドルとなっています。また、同店ではスシや日本酒の知識を深めるためのテイスティング・イベント「スシ+サケ101」も実施しています。これは日本酒を味わいながらトップレベルの寿司職人の技を学ぶといった2時間のレッスン・プログラムで、5コースの料理も味わうことができます。

ダイニング
パリス・ラスベガスでボジョレー・ヌーボー記念イベント開催へ
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:お祭り・イベント ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2008/11/12 13:40
  パリス・ラスベガスでは、昨年に引き続き今年で2回目となる「ボジョレー・ヌーボー・セレブレーション」を開催します。同イベントは解禁日にあたる11 月20日の深夜24時1分にスタート、館内にあるアイフル・タワー、モナミ・ガビ、ル・プロバンサールなど各レストランで、ワインに合わせた特製メニューとともに、ボジョレー・ヌーボーを週末の23日まで味わうことができます。パリス・ラスベガスでは、11月19〜24日の期間、宿泊とワインテイスティング、ナイトクラブのVIPパスやエッフェル塔の入場券、バフェの割引券などをセットにした宿泊プランも用意しています。

アトラクション
ラスベガス・アート・ミュージアムで写真展「ベガス360度」開催中
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2008/10/27 14:56
  ストリップの北西、サハラ・アベニュー西にあるラスベガス・アート・ミュージアムでは、トーマス・R・シフの最新作を紹介する写真展「ベガス360度」を10月25日よりスタートしました。全部で20点の展示作品は2000年から2007年にかけてラスベガスで撮影されたもので、360度撮影可のパノラマ・カメラに三脚を取り付けて6メートルの高さまで望遠でズームアップ、ストリップからダウンタウン、さらにその先までの風景を映画のワンシーンのような手法で描き出しています。同展示は館内のスタジオ・ギャラリーで、11月30日まで観賞することができます。開館時間は午前10時から夕方5時(日曜のみ午後1時〜)で、月曜は休館となっています。料金は大人6ドル、シニア5ドル、学生3ドル、 12歳未満の子供は無料です。

  ラスベガス・アート・ミュージアムは、国際的なレベルの現代アートを広く紹介する展示を手掛けており、その歴史は1950年のラスベガス・アート・リーグにまでさかのぼります。1974年に現在の名称に改められ、ネバダ州初の美術館となるなど、これまでにさまざまなジャンルの作品の展示を行ってきました。また、専門のドーセントによるガイドツアーや、学校の生徒を対象にした教育プログラムも随時実施しています。

  詳細はwww.lasvegasartmuseum.orgへ。

ラスベガス夜景3L

ダイニング
来年シティセンターが新たなグルメ・スポットに
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2008/10/20 11:35
2009年末にオープンを予定しているMGMミラージュの複合開発プロジェクト、シティセンターが、最先端のグルメ・スポットとして早くも話題を集めています。シティセンターの中核となる4000室のカジノホテル「アリア」に、著名シェフによるレストランが多数出店することが明らかとなったためで、グルメシティ、ラスベガスのダイニング・スポットの選択肢が今後さらに広がりそうです。一例を挙げると、シリオ・マッチーネの「シリオ」(イタリア料理)、マイケル・ミナの「アメリカン・フィッシュ」(アメリカ料理)、ジュリアン・セラノの「ジュリアン・セラノ」(スペイン料理)、ジャン・ジョルジュ・ヴォンヘリクテンの「ジャン・ジョルジュ・ステーキハウス」、ジャン・フィリップ・モーリーの「JPパティスリー」(ペストリー、サンドイッチ、デザート)などで、ライト・グループによる飲茶スタイルのコンセプトを採り入れた最新のアメリカ料理レストランも加わる計画となっています。

ラスベガス夜景3 さらにラスベガス初進出となる著名シェフの店舗として、マサヨシ・タカヤマのニューヨークの人気店「マサ」の姉妹店や、シカゴで3軒のレストランを手掛けるショーン・マックレーンの「セージ」も出店を発表しています。このほかにも、アリアには「ブロッサム」(中国料理)、「レモングラス」(タイ料理)、「カフェ・セントロ」(カジュアル・レストラン)、「ザ・バフェ」など各種レストランがデビューする予定です。
 詳細はwww.citicenter.comへ。

アトラクション
ミラージュの火山噴火がリニューアル・デビューへ
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2008/10/15 15:59
 ミラージュの正面玄関前のラグーン・エリアで、現在改修工事が進められている人気アトラクション、火山噴火は、内容を刷新し今年12月に生まれ変わってデビューします。新たな火山噴火では、伝説のロック・グループ、グレートフル・デッドのドラマーのミッキー・ハートと、インドのタブラ奏者として有名なザキール・フセインが音楽を担当、同アトラクション用に特別にアレンジされたサウンドトラックが使われるほか、ベラッジオの噴水ショーを手掛けた WET社がこれまでになかった音響や視覚設備を導入し、壮大な噴火ショーを創出します。なかでもハイライトとなるのがラグーン内に設置されるファイア・シューターで、高さ3.7メートルを超える空中に巨大な火の玉を打ち上げて、噴火の迫力を演出します。

ミラージュ なお、火山噴火のリニューアルは、ミラージュが2006年に着手した館内施設のアップグレード・プロジェクトの一環となるもので、ミラージュでは先ごろ 1億1000万ドルを投じて客室の全面改装を行ったほか、過去3年間の間にシルク・ド・ソレイユのショー、ビートルズ・ラブ、ジェット・ナイトクラブ、レボルーション・ラウンジ、大人向けのプール施設、ベアなど、続々と新たな施設やサービスを導入しています。

 詳細はwww.mirage.comへ。

1 - 5件目まで(12件中)