1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 北米
  4. アメリカ西部
  5. イエローストーン国立公園
  6. お祭り・イベント
  7. インディアンの町

発見しよう!アメリカ国立公園
プロフィール
ニックネーム:
ヒグマ
居住地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
性別:
男性
会社名:
イエローストーングレーシャーアドベンチャーズ
会社英字名:
Yellowstone Glacier Adventures, Inc.
会社所在地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
会社電話番号:
1-406-585-9041
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
アメリカ、モンタナ州ボーズマン在住。3歳のとき初めてクマと出会ったときから、大自然が大好き。人生もそのまま、20年前に、日本とアメリカの大自然教育会社を設立。イエローストーンをはじめ、アメリカの国立公園に世界中からのお客様を案内するかたわら、日本でも教育プログラムでよく教えます。ぜひみなさん、日本でのプログラムにも、アメリカの国立公園にもいらっしゃってください。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

インディアンの町

2010/03/19 07:13
パウワウ
エリア:
  • 北米 > アメリカ西部 > イエローストーン国立公園
テーマ:
  • お祭り・イベント
  • / 街中・建物・景色
  • / 世界遺産
冬の長いモンタナですが、毎日雪解けのすすむお天気がつづきはじめました。スーパーでもどこでも、『ああ、やっと春がきましたね。』という挨拶が交わされる季節です。雪が厚くつもっていた地面もまだらもようになり、冬眠から覚めたジリスが白い雪の上に顔をのぞかせています。それを狙うイヌワシやハクトウワシたちが電柱の高みにとまって、まだ半分寝ぼけた動きの鈍いやつを鋭い目で狙っています。彫像のようなその姿は、電柱の上の飾り物ではないかと思えるほどです。次の日も同じ電柱にとまっていたりすることもあるので本当に作り物のようです。

オオカミ観察がメインの冬から、春の躍動的なシーンがたくさん見られる季節の到来です。引き続きオオカミも子育てのために狩りをする姿がみられますが、そのほかにも冬眠からおきてきたクマの親子がオオカミのしとめたエルクやこの冬の厳しさを乗り切れなかった動物たちの肉を食べているシーンやお腹の大きい母バイソンや愛らしく飛んだりはねたりしている生まれたばかりの薄茶色の子どもたちの姿まで、実にいろんな野生の姿も観察される季節です

このイエローストーンを考える時に忘れてならないのはこういった動物、厳しい山、季節、風景を神として敬い尊び、受け入れて生活をともにしてきたネイティブの人たちです。白人が入植するはるか昔からこのひとびとはこの地でくらしてきたのです。
そんなネイティブの人々の文化は、白人の暮らしと隣り合わせで続いています。モンタナでもネイティブの民族のお祭りが春に、夏に繰り広げられます。
もちろんネイティブのためのネイティブの祭りではありますが、多くの人にも開かれてるので、私たちもそのお祭りを垣間見ることができます。
パウワウの踊り
春一番、インディアンの祭りが開催されます。
4月2日と3日に。
羽飾りをつけて野生動物を尊ぶ勇猛果敢な踊りを見たい方はぜひこの時期にモンタナまで。えー!4月ってちょっと間に合わないと思われる方は夏や秋のお祭りもあるのでご安心を。

もっと情報のほしい方は気軽にご連絡ください。

あ、お祭りだけでなく、イエローストーンも最高な季節なので、ぜひぜひモンタナまできてください!連休なぞはいかがでしょう
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。