1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヒグマさん
  4. ハイキング・登山の記事一覧

  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

発見しよう!アメリカ国立公園

プロフィール
ニックネーム:
ヒグマ
居住地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
性別:
男性
会社名:
イエローストーングレーシャーアドベンチャーズ
会社英字名:
Yellowstone Glacier Adventures, Inc.
会社所在地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
会社電話番号:
1-406-585-9041
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
アメリカ、モンタナ州ボーズマン在住。3歳のとき初めてクマと出会ったときから、大自然が大好き。人生もそのまま、20年前に、日本とアメリカの大自然教育会社を設立。イエローストーンをはじめ、アメリカの国立公園に世界中からのお客様を案内するかたわら、日本でも教育プログラムでよく教えます。ぜひみなさん、日本でのプログラムにも、アメリカの国立公園にもいらっしゃってください。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

春の花
世界初! 日本語のイエローストーン大生態系の植物図鑑
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>イエローストーン国立公園
テーマ:ハイキング・登山 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2019/07/17 10:12
コメント(0)
春の花発見!

今回みなさんにお勧めしたいのは、世界初の日本語による、イエローストーン地域の植物図鑑です。
この本はイエローストーン地域の植物約200種を収録しており、それぞれに判別のポイント等を示す写真や、ちょっと面白いかなと思われる豆知識をつけてあるので、植物の名前を記憶するのにも、また、たまたま見つけた際に写真を撮って、あとでその植物の名前を探す際にもずいぶん役に立ちます。
もちろん、ガイドがおそばにいて、植物の名前や植物のいろんなおもしろ話を直接お話しできるのが一番かもしれませんが、この図鑑があれば、花の色からずいぶん絞り込むこともできますし、自分の力で調べることがずいぶん簡単になりました。
イエローストーンのお土産やさんには、植物の図鑑はいっぱいありますが、何せすべて英語なのでそれを読むのが大変。。そういう声が今までたくさんありましたが、これからはこの、植物図鑑があれば百人力です!
この図鑑をもって日本に戻ってからも旅行の思い出に浸りつつ、写真の植物の整理をすることもずいぶん簡単になりました。

今年は長い長い連休があったので、その連休にはずいぶん日本からたくさんのお客様がお越しになりました。ちょうど連休の頃からやっと氷河のユリ、グレーシャーリリーとか、スプリングビューティー等、春先の雪解け後に咲く花が咲き始めました。
今回の連休のお客様は、そんな小さい可憐な花々を見ながらたくさん写真を撮られていましたが、その際いつもと違ったのは、この世界初のイエローストーン大生態系地域の植物図鑑〜'Thumbs Up Yellowstone!!' がお手元にあったということです。

今回のお客様は、図鑑のあっちこっちに付箋をつけて、飛行場までの帰りのバスの中でもずいぶん熱心に図鑑を隅々まで読み込んでおられました。

みなさんも、世界初の日本語による、イエローストーン大生態系の植物図鑑を手に、イエローストーンのあちこちを旅して歩いてみませんか???

勉強中
タグ:
イエローストーン 植物図鑑 イエローストーン大生態系 イエローストーンの植物図鑑 国立公園の植物 

氷河のユリ
春のかおり 3-4月
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>イエローストーン国立公園
テーマ:ハイキング・登山 世界遺産 
投稿日:2010/01/05 05:32
コメント(0)
やまねずみロッキーチャックというアニメをごらんになったことがあるでしょうか? 古いアニメですけど、最近たまたま見る機会がありました。
第1話は春のおとずれを動物たちがやさしい風のささやきで知るシーン。ウサギなどはもう放っておいても足が踊りだし、鼻がぴくついてとまりません。

早春のイエローストーンはまさにこのアニメーションそのまま。
厳しい冬を乗り切った動物たちがなんだかほっとしつつ、なんだかうきうきしつつ雪の地面から顔をだしはじめます。
といっても油断は禁物。空には雪のトンネルから顔を出し始めた小動物を鋭い眼でねらうイヌワシやワクトウワシが舞っているからです。

あたたかな日差しが指す斜面でひなたぼっこをしつつ雪のすくない場所を探して草を食むバイソンたちの姿もみかけられるようになります。
茶色の剛毛に冷たくしがみつき張り付いていた雪もとけて、バイソンの表情もこころなしか穏やかです。
雪どけを楽しむ

雪解けが少しずつすすむ地面には春の訪れを告げる小さな小さな花々が重い雪を次第におしのけて首をもたげはじめます。
早春を告げる花はとても可憐で、かよわくみえますが、実は厚く降り積もった雪の重さにまけないたくましさも兼ね備えているのです。
早春の花は実に小さな花が多く、花と会話のできる人物しかなかなか見つけ出すことができない気がします。

ちょうど出産シーズンを迎え、体力をつけるためにも狩りをするオオカミたちの姿も観察されます。早いものであれば冬眠から覚めて雪の下の球根類を探すクマたちもいます。

一見まだまだ白い雪の世界。1月2月の光景と変わりなくみえますが、実は確実に春の訪れを野生は感じ取って、さらに動き始めています。

真冬と同じく、まだまだトレイルには雪の残る園内では、クロスカントリーやスノーシューハイクが引き続き楽しめます。
ただ、雪解けの時期は要注意。見た目には雪のかぶったトレイルでも、実は下は雪解けの水たまりだったりすることもしばしば。
うっかり体重をかけると下に沈みこんでいってしまうこともあるからです。

そんなおっかなびっくりのトラッキングもまた一興ですけれど、やはり足元の確実なトレイル行のためにもぜひ専門のガイドとご一緒に。
オオカミの観察にも引き続きよいシーズンです。ぜひ早春のうきうき気分をみるために、イエローストーンにお越しくださいませ!!!

1 - 2件目まで(2件中)